FC2ブログ






「新型コロナウイルス」 尾身茂さんの見識

IMG_E3623_convert_20200216102623.jpg

不安定な天候がつづく 明日から列島大荒れで
寒気もおりてくるとか いまの日本の状況では
大暖冬の異常気象 ウエルカムなんですよ
お天道様

6時現在気温7℃湿度50%くもり
9時現在気温7℃湿度44%くもり
12時現在気温8℃湿度48%くもり
15時現在気温7℃湿度50%くもり
18時現在気温6℃湿度45%くもり



IMG_E2046_convert_20191119141852.jpg

■近畿高校ラグビー新人大会2020

準々決勝
東海大大阪仰星34-7関西学院高等部
大阪桐蔭51–7熊野
常翔学園21–36京都成章
大阪朝鮮20–5御所実業

…sakuza予想大外れ
御所が弱いのか朝鮮が強いのか いずれにしても
今年の大阪3強の一角に朝鮮が食い込みそう
大阪桐蔭ヤバイぞ!



20200217opo_convert_20200217061921.png

■尖閣沖の接続水域 中国海警局の船2隻航行
 /NHK NEWS WEBより

第11管区海上保安本部によりますと沖縄県の尖閣
諸島の沖合で日本の領海のすぐ外側にある接続
水域を航行していた中国海警局の船2隻は16日
午後2時半ごろまでに接続水域から出ました。

午後3時現在尖閣諸島の周辺で中国海警局の船
は確認されてなく海上保安本部が引き続き警戒に
あたっています。

動画目くるくる

…2020年2月になっても 異常事態はさらに
続いている💢

領海侵入繰り返し なんとなんと15日連続 
しかも あざ笑うが如く
4隻、3隻、2隻と神出鬼没変幻自在に
「中国海警局の武装船団」

"中国人民武装警察部隊海警総隊"の船だが
海上交通安全業務や海上捜索救助業務が任務外
であるなど諸外国の沿岸警備隊と異なる点を
持ち、中国共産党直下のもとにある。

いつまで どこまで居座るつもりなのか!
(# ゚Д゚怒髪衝天💢
令和にはいっても わが日本国尖閣周辺は
大変なことになっています。

加えて
常に「連装機関砲船」と対峙している無防備の
海保の皆さんの緊張感はどれほどのものか!

10258oiu_convert_20191030094024.png

Chinaの狙いは
尖閣から「カエルの楽園」化に違いない!
なのに
産経/netやNHK NEWS WEB以外の新聞
マスゴミは一切無視、
64日間連続(最長更新)で航行しているのに!

相も変わらず地上波TVもまったく報道しない!
特に、この間
NHKは朝のニュースで1分程度1回のみの報道、
よくも公共放送ってどの面さげていうてんねん
Σ(# ゚Д゚&)(,,#゚゚):∴;'・,;`:

なぜかnetも音無しのかまえで見かけない
この異常な尖閣周辺状況への興味関心が希薄化
されていくことが非常に恐ろしいこと。
Chinaの巧妙なサラミ戦術にはまってはダメだ

尖閣諸島周辺を航行そして領土侵入が常態化。
中国が実効支配しているのだと内外にアピール
するため。これをわが国は許してはならない。

尖閣諸島周辺はわが国固有の領土だから、
日本が実効支配していることを証明すること!


Collage_Fotor1016llk_convert_20181015182244_convert_20200105073639.jpg


武漢熱 2020.2.16 12:53現在
①全世界感染者69256
②死亡者1669

内 中国
①68500
湖北省56249広東(かんとん)省1316浙江省1167
河南省1231湖南省1004安徽(あんき)省962
江西(こうせい)省925重慶市544江蘇省617
山東省537四川省481北京市380
上海市328黒竜江省445福建省287
河北省300広西チワン族237陝西(せんせい)省236
雲南省169海南省142山西省128
遼寧(りょうねい)省120天津市122貴州省144
甘粛(かんしゅく)省90吉林省89内モンゴル70
新疆ウイグル71寧夏(ねいか)回族70

その他355 シンガポール72香港56日本43
タイ33韓国29マレーシア22台湾18独16ベトナム16
豪15US15---

②1665
湖北省1596広東省2浙江省0
河南省13湖南省3安徽省6
江西省1重慶市5江蘇省0
山東省2四川省3北京市4
上海市1黒竜江省11福建省0
河北省3広西チワン族2陝西省0
雲南省0海南省4山西省0
遼寧省1天津市3貴州省1
甘粛省2吉林省1内モンゴル0寧夏回族0
新疆ウイグル1

香港1フィリピン1日本1仏1


59b96a06397e1521c453bce170a320ff[1]_convert_20200209080600


*舛添要一さんTwitter

2月16日現在の日本国内感染者;
クルーズ船355人,検疫官1人,救急隊員1人,
チャーター機帰国組13人,その他44人の
計414人。これからその他が増えていく。
400人超という数字を見ると世界は日本が
第二の感染源(epicenter)だと認識するだろう。
日本への渡航禁止措置をとる国が出始めている。


…渡航禁止してるのは後進国で、先進国がとり
始めたらChinaについでの感染国なんでしょう。
では、その判断基準はなんですか舛添さん、
それを語らないと不安を煽るばかりですぞ!

確かに感染者数は増えるだろうし、マスゴミも
さかんに感染の発生源を探すのに躍起になって
いるが、いま分からないものは分からないのだ。

Z4[1]_convert_20171018094141_convert_20191016090536

そのうえで


2/10 虎8で青山繁晴ギィ~ンが感染症対策
のプロとして紹介されたのが尾身さんです---

2020年02月13日 14:30 〜 15:30
日本記者クラブ会見「新型コロナウイルス」
尾身茂・地域医療機能推進機構理事長
1999年から2009年までWHO西太平洋地域事務
局長を務めSARSの対応にあたった。

convert_20171225115818_convert_20191019120724.png

では以下がその会見ーーー

新型コロナウイルス対策は水際作戦を強化する
よりすでに感染早期にあるとの認識で対応する
よう提言を行った。死亡者の数を最小限にする。
これがオールジャパンで取り組む最大の目標だ。

2009年の新型インフルエンザについてのデータ
を示し対応にはいろいろ批判もあったが実は日本
は世界でもダントツに死亡率が低かったと述べた。
自治体(当時の橋下知事,井戸知事)が早期に広
範囲な学校閉鎖を行うなどして初期の流行を一旦
封じ込めたことが奏功した。

102587p_convert_20191030094052.png

そのうえで今回の新型コロナウイルスについて
日本では軽症者を含む感染が始まっており少なく
とも感染早期の段階にあるとの認識を示した。
そして症例定義から中国湖北省への渡航歴や
航歴があって発熱呼吸器症状を有する人との
接触歴を外し具体的な臨床条件を示して肺炎の
患者を早期に診断隔離治療できるようにすべき。

水際作戦はやらないよりやった方がいいものの
新型コロナウイルス肺炎は潜伏期間が長く多くが
軽症で無症状の感染者もいることから水際での
封じ込めは困難だと指摘。すでに国内でも軽症者
を含む感染が進行していると考えられそれに応じ
た対策にシフトする時期に来ている。

321lkure_convert_20190321112936_convert_20191019123539.png

感染しても多くは軽症だ。
ただ高齢者や基礎疾患を持っている人を中心に
一部重症化する。重症になるときつい。
今後死者が出る可能性はあるとして重症感染者
の早期発見によって死亡者数を最小化すること
が大切だと強調した。

今後感染が拡大した場合には感染症指定病院
は高齢者などのハイリスク者の死亡を最小限に
する対策を中心に行い重症でない患者は一般
の医療機関でも診療し軽度の人は自宅待機を
するなど検疫強化にこだわるのではなく適切な
診断と治療が受けられる医療体制の整備に
対策の重点を置くことが重要だ。

IMG_9564_convert_20190501095629_convert_20191019122235.jpg

国民に対しては、
・感染者の多くは軽症である
・熱が下がらない、咳や倦怠感が続く、息が荒い
・苦しいなど肺炎を示す症状がある場合は渡航
歴にかかわらずコールセンターなどに相談する
・手洗いや咳エチケットの徹底、不要不急の集ま
りや人混みを避けるなどで一定の予防効果が
あることをしっかり伝えることが大切だ


企業に対しては感染が拡大しても事業の運営を
中止するのではなく継続するために在宅勤務
などを活用するよう今から対策を考えて経済
活動への影響を最小にすることが大切だ。

pot9_convert_20190317122805.png

横浜港に停泊中のクルーズ船については
乗客が感染リスクが高い状態に置かれており
このままでは感染対策上も倫理的にも問題だ
として順次速やかにPCR検査を実施の上、
下船させるよう求めた。その際外国人について
は政府としては難しいところだろうが日本人でも
外国人でも命という点では一緒。国際社会の
リーダーとして度量の深さを示して欲しいと
個人的には思う。


感染症の大流行に共通するのは初動の遅れ
があるとし今回も中国武漢での初期対応の
遅れがあったと指摘したうえで日本の政府には
正確な情報を迅速かつ継続的に発信すること
で国民の不安を払拭するだけでなく感染者が
不当な扱いを受けることがないようにすべきだ。


今後日本でも感染拡大する可能性はある。
しかし2009年の新型インフルエンザでは国,地方
自治体,医療界,国民がそれぞれの役割を果た
した結果、死亡率は世界で圧倒的に低かった。
今回もALL JAPANでやるべきことを確実に行え
ば死亡率を極力抑えることができる。
大事なのは死亡者を最少にすることだ。
国際的な評価も死亡率で決まる。



…正論、説得力があります。
なんだか尾身茂さんが加戸 守行元愛媛県知事
にオーバーラップしますねぇ。
案の定
地上波テレビは一切報道しておりません
┐('~`;)┌




[ 2020/02/17 07:10 ] 国難あれこれ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する