安倍1強

1446_convert_20171211081813.jpg

月刊Hanada1月号の官邸4階の「安倍宰相」論が実に秀逸。

寄稿したのは、谷口智彦内閣官房参与。
言わずと知れた安倍総理のスピーチライターですね。
一部要約しますと

・日本は「三つのC」を備える必要があり
「コミットメント」(怠けず献身)
「コンシステンシー」(一貫性)
「コンティニュイティー」(継続性)。
このどれが欠けても国運は危ういという切迫した思いで、安倍総理は
日々、内外の課題に取り組んでいる。

・アベノミクスは第一・第二の矢は顕著に効き円安・株高をもたらすも、
問題はその先で、企業の対応には肩透かしをくらいました。
企業は利益をほとんど生まない現預金をこの5年38兆円積み増した。
総理自ら陣頭に立って毎年企業に賃上げを迫りました。

・成長をもたらすのは①設備(資本ストック)②労働人口(労働投入)
③効率(生産性)の三要素が伸びること。アベノミクスは当初からこの
原則通り、それぞれを伸ばそうと努めてきた。

・安倍総理がすすめる「女性が働く社会づくり」「ワークライフバランスの推進」
は福祉・人権政策であるより先に経済政策なのです。
「生産性革命」「人づくり革命」と総理が声を嗄らすのは、生産性を
伸ばすのが喫緊で、しかも至難であると知ればこそ。

・しかし、企業の対応には肩透かしをくらいました。企業は現預金を
ひたすら貯めこんだ。安倍政権では毎年企業に賃上げを迫りました。
けれども、
人口が減る、将来の成長を期待できない、企業は国内に投資しない、
成長しないから若者は未来を悲観する…消費は伸びず投資も増えない。
これが日本にはびこる悲観論というか、悲観的決定論です。

・未来はいまより明るくなるという期待は萎み、それとともにセルフエフィカシー
つまり「自分にはできる、できるはずだ」という自分自身を恃む気持ちも
縮んだ。人々の「期待」を押し上げる困難さ、その「長い闘い」の長さの
果てしなさでした。総理の心境としては、自分はチアリーダーインチーフになって
悲観論に立ち向かうんだというものでしょう。

・安倍総理のアタマの中では、一に経済、二に介在。未来につながる大道は
そこから始まるしかないわけです。

1171_convert_20171211082225.jpg

・総理の座を退いて2年、2009年ゼリア新薬が総理の病気、潰瘍性大腸炎
の治療薬として世界的に有名な「アサコール」を作ったスイスの会社を買収。同年
から飲み始めたところ、これが効いた。17才からの持病を完治できない
までもアンダーコントロールできた。55才にして新たな生を享けた。

・神の啓示を受けて、打たれたように敬虔な信徒になった人をボーンアゲイン
と言い、第二の人生は神にもらった生で、それ以前より強い。

・日本最強の外交官は安倍総理その人。疲れたのどうのとこぼす風情は
微塵もなく、前へ、前へと自分を叱咤し続ける安倍総理はなるべくして
なった「一強」です。
[ 2017/12/11 08:24 ] みそ汁沢庵ニュース | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する