FC2ブログ






リバプール 南野とTAA

Collage_Fotor1207dsdreyy_convert_20191207105803.jpg

早朝5時からDAZNでリバプールvsレスターを
生観戦 いやあリバプールの完勝圧勝o(*⌒O⌒)
対レスター対策は万全だった
今回はフィルミィーノとAAのパフォーマンスが
抜きんでていた(^ε^)💛Chu!!キレッキレ

もうREDの一人旅っていうところでしょうか

さてさて いよいよ今日から花園だ
寒さ対策準備万端で行ってきま~す✧*。٩(ˊᗜˋ*)

6時現在気温10℃湿度75%雨
9時現在気温9℃湿度46%くもり
12時現在気温10℃湿度52%くもり
15時現在気温9℃湿度46%くもり
18時現在気温6℃湿度53%はれ


動画そら


こちらもキレッキレの門田主水こと
*門田隆将さんTwitter

文政権は反日支持層に見捨てられたら終わる。
日韓首脳会談で“徴用工”問題に何の譲歩も
しなかった理由がそれ。格付け降格をきっかけ
に経済大混乱が始まる韓国を中国はどこまで
助けられるか。
前に三大不正疑惑、後ろに経済破綻。
年明け以降、私達は韓国大崩壊の目撃者となる。

トランプ弾劾を日本のオールドメディアは嬉々と
して報じたが、逆に共和党の結束を固め支持率
も上がった。遂に「上院に送らない」という話まで
飛び出した。ウクライナや中国で息子に事業展開
させる民主党バイデン氏の証人喚問が必至にな
るからだ。“政商”はどこの国にもいる。
キーワードは「中国」だ。


野党が桜を見る会のように勢いがないのは
中国との“蜜月関係”が炙り出されたくないから。
百田氏が言うように「カジノは不正腐敗の温床
になるから禁止しろ」と言うなら「国会議員は
不正腐敗の温床になるから国会議員を全部
やめさせろ」となぜ言わないのか。これを機に
中国の利益の為に働く議員の一掃を。

…China Moneyにズブズブの与野党親中議員
よ、国賊議員よ、一歩前へ整列を!!!
(# ゚Д゚怒髪衝天💢


220_convert_20191019092415.jpg


*ゲキサカより

リバプールのユルゲンクロップ監督が24日記者
会見で新戦力の日本代表FW南野拓実について
言及した。英『デイリーメール』が伝えている。

2015年1月からザルツブルクでプレーしていた
南野は今季欧州CLリバプール戦で鮮烈な活躍
を見せ19日に同クラブへの加入が発表された。
契約期間は2024年夏までの4年半で移籍金は
約10億3000万円。冬の移籍市場が開く1月1日
から正式にリバプールの一員になる。

クロップ監督はタクミについて知っている全ての
ものが我々のチームにとてもフィットしている。
彼のフットボールスキルの高さは何よりもまず
明白であり狭いエリアの判断力,スピード,ボール
奪取に対する意思もあると獲得の決め手を説明。

続けてザルツブルクには我々と同じ哲学がある
ため彼はプレッシングからのカウンターに慣れて
いるとリバプールへの適応にも太鼓判を押した。

その一方で南野をどのポジションで起用するかは
まだ決めかねているようだ。短期的にどうやって
彼をチームに加えることができると逆に問いかけ
たリバプール指揮官は長期的には彼が我々を助
けることは間違いない。彼と一緒に仕事ができる
のを楽しみにしている。

だがタクミがメルウッド(リバプールの練習場)で
の初日を迎える間に3つのゲームがあり彼をどこ
で起用するか考える時間は少ししかないと。

現在プレミアリーグ首位を独走するリバプールは
26日第19節レスターシティ29日第20節ウォル
バーハンプトン1月2日第21節シェフィールド
ユナイテッドと対戦する。同紙によると南野は
1月5日本拠地アンフィールドで開催されるFA杯
3回戦のエバートン戦でデビューする可能性が
あるという。

…とにかく楽しみが倍増したリバプール
ますますDAZNが離せない

そこでおさらいを

IMG_E2592_convert_20191220073136.jpg


*丸ごと"リバプール"

①リバプール右SB TAA弱冠21歳が凄い!
sakuzaお薦め大注目の選手\(^o^)/
身長/体重:175cm|69kg 背番号:66


トレント・ジョン・アレクサンダーアーノルド
英リヴァプール出身、リヴァプールFC所属の
選手。ポジションはDF、正確なクロスが武器
2018-19シーズンにプレミアリーグで記録
した12アシストがDFの1シーズン中の最多記録
としてギネス世界記録に認定されている。

前シーズンUEFAチャンピオンズリーグに出場。決勝の
トッテナム戦ではゴールを脅かすシュートを放ち
守備でも好プレーを見せリヴァプールの14年
ぶりとなるチャンピオンズリーグ優勝に貢献。


1113lpo_convert_20191113075615.png

以下footballistaより抜粋

6歳からリバプールのアカデミーに在籍する正真
正銘の生え抜きだ。トップデビューの機会が訪れ
たのは2016年10月。慣れ親しんだMFではなく右
SBだった。ただ起用を決めたクロップ監督には
明確な狙いがあった。それは往年のジェラードを
思わせるアーノルドのキックや攻撃センスを現代
フットボールにおいて“肝”と言われるSBの
ポジションで存分に生かすことだった。

オンザボールの局面で言えば周囲と連動しなが
ら効果的にビルドアップやパスワークに絡める
ことが必須になる。その点においてパスで好機
を作り出す“目”とそのビジョンを具現化する
キックの技術を持ったアーノルドの抜擢は理に
適ったものだった。

精度も抜群だが特筆すべきはパススピードの
速さ。「奪って素早く3トップへ」が鉄則の
リバプールにおいてコンビネーション発動の
スイッチとなるアーノルドのアグレッシブな
“強パス”は大切な武器となっている。

10代にしてトップクラブで50試合以上の公式
戦に出場しすでにCL決勝とW杯の舞台を経験
するまでの飛躍に至ったのは助長補短を促す
クロップのコンバートがあってこそ。

…確かに大きな武器強みは
①精度の高いクロスキック、プレースキック
右でも左でも 長い距離を出せ アウトもうまい

②ドリブル突破のスピード

③左SBロバートソンとの連携アイコンタクト

これといった大きな弱点は見当たらないが
強いてあげればマンマークデフェンスかな

つづく




[ 2019/12/27 07:40 ] サッカー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する