FC2ブログ






ごはんと味噌汁シリーズ4 ごはんを食べよう

IMG_1950_convert_20191113074252.jpg

昨日同様 冷え込みきつい 今日も超快晴
さて準備をして出かけます
3年ぶりの同窓会 110名を超える
幹事団の一員なので 縁の下に徹して 

6時現在気温6℃湿度86%はれ
9時現在気温10℃湿度71%はれ
12時現在気温15℃湿度52%はれ
15時現在気温17℃湿度49%はれ
18時現在気温13℃湿度68%はれ


■昨日の経済指数

日経平均 23303.32→好調
NYダウ(ドル) 27986.78→絶好調 最高値更新
上海総合 2891.34→停滞
ドル(円) 108.80→円安へ
ユーロ(円) 120.25→同様
長期金利(%) -0.080→超低金利
NY原油(ドル) 57.76→停滞
ビットコイン(円) 922905→下降局面


604_convert_20191104082319.jpg

*門田隆将さんTwitter

岩谷將北大教授が急転直下保釈。
本当によかった。香港の人権弾圧に世界の注目
が集まる中、中国がこれ以上の拘束をマイナス
と判断。釈放に向けて様々な圧力・要請を続け
た人々の努力に頭が下がる。
だが未だ邦人9人の拘束は続く。
「習氏国賓来日に反対」の声は
鎮まりそうもない。

…「護る会」のボディブローだΣ(゚ロ゚ノ)ノ👀



IMG_E1842_convert_20191113075204.jpg



■「ごはんを食べよう」(^^)! ガッテン

柏原さん修さんの対談から見てて来るもの------


①「柏原ゆきよ」/HPより 管理栄養士
一般社団法人日本健康食育協会 代表理事

正しい食の考え方を伝えるべく2006年より
健康食育’軸に活動。累計4万人を超える食
サポートを行っている。

②「和泉修」 /デイリーより

お笑いケツカッチンの和泉修(57)は今年芸歴
36年目を迎える大ベテラン。その一方奈良県
生駒市で展開する足ツボ健康サロンShu Izumi
Salon 「足識食癒施術法」が大好評だ。

11年2月から生駒で開業。施術法は足ツボを押し
痛みを感じる部分につながる内臓を認識。その後
摂るべき食事をアドバイスする。


「みなさん、基本的に栄養の摂りすぎ。
それと食に対する認識を間違えている人が多い。
おすすめは”ご飯”。

薬に頼りすぎるのはアカン。
乳製品とサプリメントも摂りすぎると体に良くない。
そして、医療費を減らさんと」

 
Collage_Fotor1031zxasw_convert_20191031170614.jpg

2人の結論は

①毎日、ごはんを食べて健康に!

ごはん(白米)+みそ汁(白物野菜)+
漬物でOK\(^o^)/

ごはんは腎臓肝臓に負担をかけない食べ物で
咀嚼回数を増やすことにより唾液という薬を
どんどん放出してくれる。

食べる理想の量は1日2合つまりお茶碗4杯強
朝昼晩では朝1杯,昼2杯,晩1杯の配分ペース

ごはん=炭水化物はエネルギーの素であり
減らすと脳が硬くなり腎臓膵臓に悪影響!

おかずを減らしてでも、ごはん多めに!
そして「おいしいなあ」「幸せやなあ」
と思いながらいただくと自律神経が喜ぶ。

おかずの野菜は冷やさないこと、温めて
食べましょう。


参考A)
お米1合=約150g=約180ml=252kcal
=炊飯後約350g=お茶碗2杯強=6500粒

レトルトパックは180~200g。お茶碗1杯強

コンビニおにぎりは100g前後

参考B)
ごはん1杯150gに含まれる栄養

炭水化物55.7g食物繊維0.5gたんぱく質3.8g

脂質0.5gマグネシウム11mgカルシウム5mg

その他亜鉛,ビタミンB1・B2と栄養の宝庫



②よく咀嚼してから飲み込む

ごはん、おかず、みそ汁を1食20分以上かけ
よく噛んで食べる!
食べる量のメインは昼!
3食それぞれしっかりと時間をかけて咀嚼。

最初の1口で200回かむ。あとは100回でOK

この「唾液効果」で脳や臓器分泌液が活性化
し痩せる、おつうじ、肌のツヤに効果覿面
『SEXより気持ちいい 一本糞』


よく噛むことで本質が見えてくる。つまり
噛分けることで必要なもの、不必要なものが
分かり、おいしく食べることができるように
なる。

068_convert_20171024081814_convert_20191104083454.jpg

③栄養の摂り過ぎ(過多)は
特に食事摂取基準の「耐容上限量」を定め
られているものにある。


1)ビタミンA;豚,うなぎ,鶏レバー,乳製品,卵など

2)ビタミンD;きくらげなどキノコ類,鰯,サケ,卵黄,バター
 にんじん,のり,カボチャなど

3)ビタミンE;ナッツ類,植物油,うなぎ,ボガドなど

4)ビタミンB6;かつおなどの魚類,レバー,肉,バナナなど

5)ナイアシン;レバー,魚,肉など

6)葉酸;レバー,枝豆,ほうれん草,ブロッコリーなど

7)カルシウム;牛乳,小魚,海藻,大豆,緑黄色野菜など

8)鉄;魚,貝,大豆,緑黄色野菜,海藻など

9)リン;魚類,牛乳,乳製品,大豆,肉類

10)亜鉛;かき,うなぎ,肉類,藻類など

11)銅;かき,ナッツ,大豆,ココアなど

つまり栄養分も摂取過剰は体に良くないという
ことで
特にビタミンA,D,カルシウム,鉄,ナイアシンが要注意!

例えば
ビタミンAの過剰→外反母趾の一因
ビタミンDの過剰→りゅうまち・アトピーの一因
カルシウム(乳製品)の過剰→癌・脳梗塞の一因

EGcDJbWUEAAyCy1[1]_convert_20191104084411

④おにぎり🍙に「塩」
塩でも天然塩ならとって良し。
精製塩(イオン膜使用、Nacl99.5%以上)はダメ


⑤番外編
上の血圧が高いのは気にする必要はなくむしろ
下の血圧が高すぎることに注意すること。


@週刊朝日よりーー
高血圧は脳卒中を引き起こすという説が現代医療
の常識となっている。血圧が140を超えると降圧
剤が処方され生涯飲み続けることになるが薬で
血圧を下げるとかえって脳梗塞のリスクが高まる
という調査結果もある。
本当に薬で下げる必要があるのか。

米政府は13年に60歳以上で“年齢プラス90”まで
が基準値で問題ないと発表した。

IMG_5623_convert_20180203085811_convert_20191019120819.jpg


@日本心臓財団HPのQ&Aよりーー

Q)現在高血圧と狭心症の治療を受けています。
隠れ脳梗塞もあるそうです。しかし服薬している
薬が多く副作用が心配です。漢方などで緩和
できないでしょうか。
現在服薬している薬剤はバイアスピリン,パナル
ジン,アダラート,カルデナリン,ブロプレス,リピ
トール,シグマート,パリエット,マグラックスです。

A)バイアスピリン,パナルジンは脳梗塞の再発
予防のためでしょう。両者はしばしば併用して
用いられます。肝臓障害、白血球減少、胃潰瘍
などを起こすことがあります。パリエットはこの
バイアスピリンの副作用を予防するためのもの。

アダラート,カルデナリン,ブロプレスは血圧降下
薬。3種類を用いると相当に強力な血圧降下
が期待できます。しかもこれらの薬については
これまで副作用がなければあまり問題はない
ように思います。リピトールは脂質改善薬です。
副作用は肝臓障害です。シグマートは狭心症の
薬です。マグラックスは便秘の薬です。

以上の働きからみて、ご自分には症状がないの
で不必要ではないかと思われるものがあれば
担当医に申し出てもらうとよいと思います。なお
漢方薬をご希望のようですがこれだけの薬を用
いてやっとコントロールできている高血圧という
のであれば漢方薬だけではとても管理できない
であろうと思います。




[ 2019/11/16 06:11 ] ごはんと味噌汁 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する