生涯健康脳

昨日、神戸にて高校時代の仲間と深酒。冒頭話題はいつも「病と孫」( ´艸`)
055_convert_20171125120828.jpg


東北大学加齢医学研究所の瀧靖之先生は「生涯健康脳」を提唱。

脳に良い影響を与え、それらに配慮すると長く健康でいられる。
そのためには、
①コミュニケーション+②食事 +③運動+④睡眠
をまとめて【話食動眠】(積水化学工業より引用)
の4項目が大切と説く。


①脳の最高の栄養素は知的好奇心。
見たい、聞きたい、知りたい、行きたい、やりたいなど、いつも
脳がときめいているかどうか。
大分県の安心院(あじむ)けんこうクラブの活動にその一例あり。

②例えばGI値の低い食品をなるべく摂る。
血糖値の上昇下降が穏やかで、脳に長い間エネルギーが保たれる。
GI値高低対比;白米88-玄米55で玄米best、食パン95-ライ麦パン55
でライ麦パンbest、うどん85-そば54でそばbest

③有酸素運動が良い。
それも1日30分程度の軽い運動でOK。
例えばウオーキングとか。
但し、継続して、しっかりと酸素をとりこむこと。
脳細胞のエネルギー源のBDNFという物質がつくられ、記憶の働きを
つかさどり脳の中枢を担う海馬に大きなかかわりをもつ。
また脳への血流を促す。

④質の良い睡眠は認知症を予防する。
ストレスを軽減できる理想的な睡眠時間は7時間。
アンチエイジングではなく、これからはスマートエイジングすなわち
知的に成熟する人生を発展させるを推奨。



もう少し具体的に健康脳をみてみると、
人の見た目の印象と、脳の健康度は一致しているのではないか。

瀧先生は研究所と病院で15年間、16万人の脳の MRI画像を見て
きてある時ハッと、そこに気づいたという。

身だしなみが大きなポイントだと。

身なりのきちんとした人の脳は、実際には70歳でも、MRIで見ると
50~60歳くらいに見え、同じ70歳でも、身なりがヨレッとしている
人の脳は、かなり萎縮していることが多い…。
そういえば、認知症のサインのひとつは、「服装がだらしなくなる。
無頓着になる」ことだと聞いた。

また「新しい経験」「知的好奇心」「ワクワクすること」も、最高の脳の栄養。
だから、年をとるほど出かける機会、人と語り合う機会を増やした方がいい。

そして、TPOに合わせて服や靴のコーディネートを自分なりに工夫して、
こざっぱりしたおしゃれを心がける。

すると背筋もしゃんと伸びて、動作もどんどん若々しくなる。
気も若くなって、さらに行動半径が広がってよく歩き、楽しい時間が
増える…と。脳にとっていいことづくめ。

長い間「成人を過ぎると脳は衰えていく一方」と信じられていたけれども
最近の研究で

・記憶を司る脳の海馬の神経細胞は、何歳になっても増える
・ウォーキングなどの有酸素運動で海馬が増大し、脳が活性化する

など、脳には90歳になっても100歳になっても
発達する余地があることがわかってきている。

生涯健康脳。なんと希望に満ちた、生きる喜びのわいてくる言葉でしょう。


042_convert_20171125185946.jpg
[ 2017/11/25 19:11 ] からだの身の上話 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する