高校ラグビー大阪決勝


大阪府大会決勝 11月19日

①大阪桐蔭高校 vs 大阪朝鮮高級学校

②東海大仰星高校  vs 関西大学北陽高校

③常翔学園高校 vs 大阪産業大附属高校


澄み切った秋空のもと、キンチョウスタジアムで昨日行われました。
まず第一試合は強豪校同士の決勝。
互角の戦いと思いきや桐蔭の圧勝完封60対0。
朝鮮は前半の風上順光で、得意のロングキックやハイパント攻撃を活かせ
なかった。それだけ、桐蔭のデフィエンスがアグレッシブだった。
バック陣では、12番江良がキレキレ。創造力もあるし、バックラインを見事に
統率していた。バイスキャプテンか?
FWバックロー陣は最強だった。なかでも7番フランカー上山は実力どおり
キャプテンシーを発揮。
また、ただ1人の一年生奥井が105kgの巨体。で、なんと6番フランカー。
その破壊力はすさまじかった… 将来が楽しみ。


*以下photoは別の高校生チーム
283_convert_20171124073043.jpg

第二試合、今年の仰星には3年生が13人も占めてるにもかかわらず
圧倒的な強さを感じなかった。
なんとか試合巧者ぶりを発揮して、38対5で勝った感じ。
前半、ラインオフサイドのミスを続けて2回、ハンドリングも悪い。
ようやくボールがまわり始めたのが10分すぎてから。
18分にようやくトライ。
プレースキックの精度を欠く、看板の「鬼のタックル」はいずこへ。
14番河瀬も、父のような怪物ぶりはなく、おとなしめ。
父は大工大高から明治、東芝でNO8のスタープレーヤーだった…
まあ花園で期待しましょう。
また後半15分すぎてもメンバー交代が1人と、余裕もなかった。
9番1年生松井と10番三村のハーフ団にゲームコントロールの意識気迫が
乏しかったように思う。
なにせ近年、花園王者として安定した戦いを見続けてきただけに。


2188_convert_20171124073122.jpg

第三試合はスリリングな試合で、最後まで勝負は分からなかった。
これぞ高校生ラグビーと堪能させてもらいました。
それは産大のプレーヤーと応援席の勝利への気迫がすごかったから。
結果は28対22で常翔の薄氷の勝利。
前半は産大ペースも、正面トライ後のゴールキックを外したのは後々効いた
かな。こういう時に伝統の差がでるのかも知れない。
後半は常翔にスイッチが入った。
応援団から、「じょうしょうダイナマイト🎶じょうしょうダイナマイト🎶」やら
「プレッシャー♬プレッシャー♫プレッシャー♬リーベ」とコールがとべば調子がいい。
23分、むづかしい角度からSOがゴールキックを成功させる。
これで勝負あったと思いきや、産大もトライをとりかえしたが最後
ノットリリースザボールで万事休す。


298_convert_20171124073008.jpg

さあさあ次は全国大会「花園」へGOGO!!!
[ 2017/11/20 11:07 ] 高校ラグビー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する