FC2ブログ






PT パーソナルトレーニング その2

Collage_Fotor223hfs_convert_20190223125858.jpg

今朝も冷え込んで快晴
今日は早朝から神戸へ。


223iio_convert_20190223092916.png


226pop_convert_20190226063358.png

226ase_convert_20190226065122.png

■尖閣沖接続水域 中国海警局の船4隻
 /NHK NEWS WEBより

第11管区海上保安本部によりますと沖縄県の尖閣
諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海の
すぐ外側にある接続水域を航行しています。

4隻は午後3時現在尖閣諸島の南小島の東南東
およそ33キロを航行しているということで、
海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視
を続けています。

…今年は昨年に比べて異常に多い!
2月にはいっても、ハエのようにうるさく
頻繁に武装船が航行しているのだ(# ゚Д゚)

相も変わらず、地上波はまったく報道しない。
特にNHKは朝・夜7時のニュースも知らぬ存ぜぬ
Σ(# ゚Д゚&)

尖閣諸島周辺を航行そして領土侵入が常態化。
中国が実効支配しているのだと内外にアピール
するため。これをわが国は許してはならない。
尖閣諸島周辺はわが国固有の領土だから!


辟。鬘契convert_20180123130710

PT パーソナルトレーニング その2

おさらい)
太腿からおしりにかけての"しびれ"の原因は
「筋肉の硬さ」からくる関節の可動域の狭さ!

対策は
「筋肉を柔らかくすること」と
「インナーマッスルを鍛える」

筋肉の硬さの原因
①ジム活でのBP,BAによる筋肉疲労
②デスクワークでの悪い座り姿勢

①では梨状筋が硬くなり坐骨神経を刺激している
のではないか。座骨神経痛とは症状であり
病名ではない。この場合は"梨状筋症候群"か。

yjimage[1]_convert_20190224131707
提供)済生会病院

ちなみに
坐骨神経はお尻から足にかけて伸びる太く長い
神経で梨状筋の裏側をとおって、ひざまで伸び
ている。よって梨状筋が硬くなると坐骨神経に
あたって痛みを感じてしまう。

②座り方が悪いので"股関節"が曲がっている状態
で曲げる筋肉が硬くなっている。
特に腸腰筋、大腿直筋が硬い。こうなると
"お尻"の筋肉が弱くなる。結果、関節が伸びきら
ない立ち方となり反り腰の原因ともなる。

おまけ)
この太腿とお尻を中心として柔らかく鍛えること
により熱がつくられ深部体温を高める副次効果
もある。

なので、理想の「深部体温37.5℃」に近づく。

動画え

ではではまずストレッチから
1)内もも、もも裏のストレッチ①

左を向いて右足は曲げる。両手をつま先にそえ
体をゆっくり倒す。右も同様、
1ポーズ20秒から30秒。
このとき「骨盤を立てる」こと。

IMG_9032_convert_20190223112158.jpg

最後は正面向いて両足を曲げて手にそえ
上下に振動。→写真は足まがらず( ´艸`)

IMG_9033_convert_20190223112252.jpg

2)お尻のストレッチ

腕で床をささえ片足は伸ばし、片足は膝を曲げ
もう一方の足にのせる。お尻まわりの筋肉が
伸びていることを感じること。左右交互に。
1ポーズ20秒から30秒。
このときも「骨盤を立て」曲がっていないこと。

IMG_9034_convert_20190223112339.jpg

3)内もも、もも裏のストレッチ②

床に寝て、両手をひろげ片足を曲げる。このとき
両肩の肩甲骨はできるだけ床面につくように。
左右同様に。軽くツイストする感じで。
1ポーズ20秒から30秒。

IMG_9035_convert_20190223112426.jpg

4)内もも、もも裏のストレッチ③

床に寝て、両手で片足をゆっくりと垂直に持ち
上げる。片足は床につけたまま。
1ポーズ20秒から30秒。

IMG_9036_convert_20190223112509.jpg

5)お尻、もも裏のストレッチ④

両手を床につけ片足の膝を立てる、そこに
4の字になるよう片足をのせる。
そして胸までゆっくりひきつける。

1ポーズ20秒から30秒。
「伸びているところに意識を集中」させること

IMG_9037_convert_20190223112553.jpg

以上いずれのストレッチも
①心地よいと感じながらやること
 痛さを感じるほど無理強いする必要なし

②程よく伸ばされてるいう感じが大事で
 リラックスした状態で行われていること。
 しかし、ストレッチしている部位には常に、
 神経は集中していること!

1545628887OlvhTPP2fYB1keX1545628682.gif

次に筋膜リリース

■筋膜リリースとは /TRIGGERPOINT LEE

筋肉は筋膜という薄い組織膜に包み込まれて
います。筋膜に包まれた筋肉はさらにグループ
ごとに筋膜に包まれ、筋膜自身はコラーゲン
でできており、なんと85%が水分。

筋膜とは筋肉を包む膜のことでこの筋膜は柔らか
い組織で委縮,癒着しやすい特徴があります。
この筋膜の委縮や癒着が時にコリや痛みを招き
筋肉の柔軟性を損なう原因になります。

筋肉がスムーズに動くためには筋膜の滑りの良さ
が必要です。筋膜を柔らかくし滑りを良くして
解きほぐすことを筋膜リリースと言います。筋膜
リリースを行うことにより筋肉の柔軟性を引き出
し関節の可動域を拡大します。


筋膜リリースには「ストレッチポール」を使用

①押しのばす。
筋膜はしこりやねじれにより縮こまって複雑に
絡み合います。それをめん棒で押しのばすよう
にゆっくりとならしていくことできれいな網目状
の筋膜に。
かけた足に体重をかける、左右交互に。

IMG_9038_convert_20190223112635.jpg

②点ではなく面で。
筋膜リリースがストレッチとの違いは点ではなく
広い面での圧迫を加え、押しのばすこと。
ストレッチでも筋膜をのばすことはできますが
ストレッチだと縦方向の筋膜の縮こまりにしか
効かないから。

左右のうちももを入念に。

IMG_9039_convert_20190223112718.jpg

いずれも呼吸を止めずに、ゆっくりと。
ひとつの動きで10秒のばす。


225ooi_convert_20190225073629.png



[ 2019/02/26 06:50 ] からだの身の上話 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する