FC2ブログ






はやぶさ2 りゅうぐうに最終降下

IMG_4116_convert_20190222084404.jpg

まどろむ元気玉あらわれました。
春がすみのようなソラ模様、あったかくなって
きました。

凍解「いてどけ」とは、まさにそろそろ始まる。
冬に凍てついたものが一気に解けだすこと。
もう春の日差しのような感じで、凍っていた
池や湖などがゆっくりと解けていきます。
そして植物は冬眠から目覚め活動が始まる。


219aaa_convert_20190220082828.png


23mnb_convert_20190223131652.png

■尖閣沖接続水域 中国海警局の船1隻航行中
 /NHK NEWS WEBより

第11管区海上保安本部によりますと沖縄県の
尖閣諸島の沖合で、日本の領海のすぐ外側に
ある接続水域を航行していた中国海警局の船
4隻のうちの3隻が20日午後9時すぎに接続
水域を出ました。

残る1隻は21日午前9時現在尖閣諸島の
久場島の北西およそ40キロを航行していて、
海上保安本部が領海に近づかないよう警告と
監視を続けています。

…今年は昨年に比べて異常に多い!
2月にはいっても、3日連続ハエのようにうるさく
頻繁に武装船が航行しているのだ(# ゚Д゚)

相も変わらず、地上波はまったく報道しない。
特にNHKは朝・夜7時のニュースも知らぬ存ぜぬ
Σ(# ゚Д゚&)

尖閣諸島周辺を航行そして領土侵入が常態化。
中国が実効支配しているのだと内外にアピール
するため。これをわが国は許してはならない。
尖閣諸島周辺はわが国固有の領土だから!


Collage_Fotor1016llk_convert_20181015182244.jpg


■本会議深夜にずれこみ JIJI.comより

東京都議会は21日午前0時すぎ定例会の実質
審議に入った。旧築地市場跡地の再開発案と
小池都知事の過去の発言との整合性を問う議会
運営で与野党の対立が激化したため当初予定
より約11時間遅れた。各会派は小池氏を委員会
に招致することで合意開会にこぎ着けたが築地
再開発を巡る主張は大きく隔たったままで、
火種は残りそうだ。

都は1月国際会議場の整備を柱とした築地再開発
案を公表した。しかし自民共産両党など野党6会
派は小池氏が2017年6月築地跡地を食のテーマ
パーク機能を有する新たな市場とすると発言して
いたことと矛盾すると批判。小池氏が一問一答
形式の委員会に出席し説明責任を果たすよう
求めた。
 
さらに対応を協議していた最大会派の都民
ファーストの会と公明党との主張も対立したが
尾崎大介議長が経済港湾委員会に小池氏の
出席を求める仲介案で調整しひとまず正常化
した。

今定例会では19年度当初予算案などの重要
議案の審議が予定されている。今後も議会の
混乱が続けば20年東京五輪パラリンピックの
施設整備費など総額7兆4610億円に上る一般
会計予算の年度内成立に支障が出る可能性
もあり小池都政の停滞も懸念される。

…いわんこっちゃない。小池丸が座礁し浸水が
始まった。来年再選どころか退陣もありや。
橋下さんに都政運営をやらせてみたい(/・ω・)

Collage_Fotor201bbs_convert_20190221124943.jpg


■はやぶさ2 りゅうぐう最終降下 /日経

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日午前6時
すぎ探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうへ最終
降下を始めたと発表した。22日午前8時半ごろの
着陸を目指す。地球から約3億キロメートル離れ
た小惑星の探査がヤマ場を迎える。

りゅうぐうは直径900mの大きさ。着陸地は赤道
付近の岩に囲まれた半径3mの円内。はやぶさ2
は太陽電池パネルを広げると幅が約mになり高
い精度の着陸技術が求められている。
はるか遠くの小惑星は地球とのやり取りに片道
約20分はかかる。直前の操作は地球からの指示
では間に合わず高度500mより低い高度は自動
運転に切り替える。

着陸時は筒状の装置を地表に押し付け岩石を
採取する。数秒間の滞在ですぐに離れ高度
20kmに戻る。2019年末にりゅうぐう周辺を離れ
るまでに今回を含む2~3回の着陸を試みる。
岩石は20年末に地球へ持ち帰る。

小惑星は太陽系が誕生した46億年前の痕跡を
残すとされる。りゅうぐうは生命誕生の謎に迫る
有機物や水分を含む岩石が多いとみられている。
有機物や水分を詳しく調べれば太陽系の成り立ち
のほか地球に生命がどうやって誕生したかなどの
謎が解明できると期待される。

109kkhhd_convert_20190221124708.gif

…3年めの帰還が重大なトラブルにもめげず7年に
伸びても無事に帰ってきた初代「はやぶさ」。
日本中が大フィーバーしたのが9年前。

イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年
にアポロ群の小惑星 イトカワに到達しその表面
を詳しく観測してサンプル採集を試みた後60億
kmの旅。
地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸して
のサンプルリターンに世界で初めて成功した。

今回はそれ以上のミッションを持っているのでさらに
大フィーバー間違いなし。はやぶさ2の無事の帰還を
祈るばかり。


221aaw_convert_20190222084606.png



[ 2019/02/22 09:30 ] あれこれ気になること | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する