FC2ブログ






ホンダ社長が英工場の撤退発表

Collage_Fotor220as_convert_20190220083023.jpg

そらはまっしろ、なので今年にはいっての
くもの仲間たちをご紹介。
それにしてもあったかい朝。
いよいよ明日からすぎ花粉+PM2.5が来襲
するので要厳戒態勢!


219aaa_convert_20190220082828.png

国賊りつみんがノーアポで、きんざいを訪問。
野党提灯もちのマスゴミを連れてのパフォーマンス、
そう1年前、ルンルンではしゃいでおりました。

その国賊議員が全く同じ構図に仕立てようとする
今回の厚労省不正統計問題。

野党のなかでも良心的な維新、足立康史議員は
「野党は、不正統計は官邸の指示と見立ててるが
西村委員長の見立てはどうか」

西村委員長「統計部署の弱体化の氷山の一角と
認識している。経費削減等で足腰が弱っていた。
統計の専門家不足と管理職の能力不足が大きな
問題である」

官邸指示ではなくいわんや総理の指示もない。
すべては霞が関の問題!
なんでもかんでも"あべおろし"の政争の具に
することなかれΣ(# #゚Д゚%%)


220asd_convert_20190220081517.png

長期金利は看過できないレベルを推移中。

Collage_Fotor0909mmn_convert_20180910074447.jpg


■ホンダ社長が英工場の撤退発表 /産経

ホンダの八郷隆弘社長は19日南部スウィンドン
工場での完成車生産を2021年中に終了すると
発表した。トルコでも生産をやめ欧州生産から
撤退する。東京都内で記者会見した八郷氏は
EVなどの電動化に対応する必要性を強調。英国
ではEUからの合意なき離脱が迫っており今回の
決定が他企業の英国撤退を促す可能性もある。

会見では合意なき離脱の影響に関する質問が
相次いだが八郷氏は考慮していないと否定。この
タイミングで生産撤退を発表したことに関しては
混乱は認識しているが英国で生産している主力車
シビックの次期モデルの生産拠点を決める時期で
取引先に迷惑をかけたくなかったと話した。部品
メーカーなどの生産計画への影響を抑えるためだ
と説明した。

その上で英国トルコとは従来通り良好な関係を
つくっていきたいと強調。従業員は英国約3500
人トルコで約1100人を抱える。生産撤退が両国
の雇用や経済に影響を与えることもあり慎重な
発言が目立った。

スウィンドン工場では昨年シビックハッチバック
を約16万台生産した。生産した車の55%は北米
向けだったため次期シビックは北米などで生産
した方が効率的と判断した。

また欧州では燃費に関する規制が厳しい。中国も
現地生産の一定比率をEVなどの新エネルギー車
にすることを義務づける規制を今年導入した。
大量生産すれば販売価格を抑えやすく世界最大
の市場である中国でEVなどを生産し欧州に輸出
することでブランドをもう一度強化していく狙い
があると説明した。

215動画

…英担当相は「破壊的な決定だ」と。もう遅い
英国ポピュリズムの結果の自業自得。その他
日産が次期モデルの生産撤回を表明。パナソニ
ックは英国にあった欧州統括会社をオランダに
移転する。

大衆はときに衆愚と化する。

EUが英国経済の足を引っ張っている、
東欧などからの移民労働者に職を奪われている
そんな不安の広がりのなか2016年6月に国民
投票の選択が現在の姿。

結果、
メイさんひとりが孤軍奮闘、議会は与野党とも
強力せず「Brexit329」おばけが闊歩する英国。

EU離脱の国民投票で離脱が決まり小躍りした
ロンドン英議会前での議員面々はどう責任を
とるのだ!

なになに日本の「りつみん」「こくみん」
と呉越同舟だとー(´;ω;`┐('~`;)┌)


Collage_Fotor220ase_convert_20190220083219.jpg


■レオパレス問題で国交相会見 /毎日

石井啓一国土交通相は19日の閣議後記者会見で
レオパレス21の施工不良について173の自治体が
1895棟(1月末時点)を建築基準法違反と認定した
と明らかにした。同社には今月新たに発覚した
施工不良の原因究明の結果を1カ月以内に報告
するよう求めたという。再発防止のための有識
者検討委員会を近く設置する方針も示した。

同法違反と認定されたのは同社が昨年4月以降に
公表した天井裏などの界壁が未設置だったケース。
同社は今月新たに1324棟で天井や外壁が防火
性能などを満たしていない施工不良があったと
公表しており最大1万4000人超の入居者が転居
を迫られる事態となっている。


レオパレス21の物件の不良箇所は壁材の内側
など完成後の確認が困難な部分に集中していた。
都道府県や民間の建築確認機関などは建築主側
に工事中の写真を提出させて見えない部分の
材質を確認しているが今回の問題は建築確認
制度の死角が突かれた形だ。

同社によると建築基準法が規定する耐火基準
に反し、
①外壁の内部にグラスウールを挟むべきなのに
発泡ウレタンを詰めた(925棟)
②天井材を二重に張るべきところを一重にした
(641棟)
③部屋間の界壁に同法の仕様と異なる材料を
使い遮音性能を満たしていなかった(771棟)

都府県別で新たに判明した施工不良物件が
最多だった千葉県担当者は施工不良物件は
いずれも天井裏や床下の点検口が設置されて
いない。目視できる部分が限られており写真
で確認したとみられるが写真に問題がなけれ
ば検査済証を交付せざるを得ないと説明する。

ただし施工不良があった物件の着工時期は
1996~2001年。添付写真など当時の完了検査
関係書類の保存期限は5年のため申請資料の
確認は困難とみられる。

1545628887OlvhTPP2fYB1keX1545628682.gif

…もうこの先はレオパレスが暗闇のトンネル
へ突入まっしぐら┐('~`;)┌
だが、このままでは収まらない。

国交省は御身保護他責にするため役所お得意
の有識者検討委員会が立ち上がった。これで
もう結論は「検査の厳格化」に決まってる!

その規制が賃貸アパートに限らず、戸建にも
影響が及んだら賃貸メーカーに限らず住宅販売
メーカーや工務店の収益に大きく影響する可能性
があり、消費増税のかけこみ利益はあっという
間にふっとんでしまう。

もちろん国交省は知ったこっちゃねえやと
一笑に付すであろう。


219awe_convert_20190220082724.png



[ 2019/02/20 09:12 ] よろずニュース | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する