FC2ブログ






米一般教書演説

IMG_4054_convert_20190207055801.jpg

ここのところ暖かい日がつづく。
そのせいか睡眠時間が7~8時間と
だんだん長くなってきた。


205oop_convert_20190205074431.png

207ppp_convert_20190207054449.png


毎日!DANCEトレーニング
②筋トレ解説編
by ポカリスエット×ダンスク!




207ppo_convert_20190206194256.png

■尖閣沖の接続水域 中国海警局の船4隻航行
 /NHK NEWS WEBより

第11管区海上保安本部によりますと沖縄県の
尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本
の領海のすぐ外側にある接続水域を航行して
います。

6日午後3時現在4隻のうち3隻は尖閣諸島の
南小島の東南東およそ34キロを残りの1隻は
久場島の南東およそ34キロを航行していると
いうことで海上保安本部は領海に近づかない
よう警告と監視を続けています。

…今年は昨年に比べて異常に多い!
にもかかわらず地上波はまったく報道しない!
特にNHKは朝・夜7時のニュースも知らぬ存ぜぬ
Σ(# ゚Д゚&)

尖閣諸島周辺を航行そして領土侵入が常態化。
中国が実効支配しているのだと内外にアピール
するため。これをわが国は許してはならない。
尖閣諸島周辺はわが国固有の領土だから!


Collage_Fotor131aaa_convert_20190131161543.jpg


■前嶋上智大教授による米一般教書演説
ポイント解説によると
/YahooNEWSより

(1)そもそも一般教書演説とは何か

一般教書演説とは行政府のトップである大統領が
立法府である議会に対し、過去1年間の国家の
状況を議会に報告する機会である。今後1年間の
内政や外交など重点的に取り組む政策課題を
説明したうえでその政策の立法を勧告する機会
でもある。

(2)高い注目の政治ショー

例年演説そのものは大きな政治ショーでもある。
正面からみると大統領の左後ろには副大統領,
右後ろ側には下院議長が座る。近年は政治的
分極化が進んでいるため今回の場合昨年の
中間選挙で下院の多数派が民主党となったため
後ろに座る民主党のペロシ下院議長が大統領
のそれぞれの発言にどんなリアクションをする
のか。おそらく画面を見ていて飽きないだろう。

(3)注目点(1)内政:メキシコ国境の壁建設

この政府機関の一部閉鎖の原因となったメキシコ
国境の壁建設についてトランプ大統領が何を言う
かが、今年演説の大きな注目点である。

(4)注目点(2)様々な外交安全保障上政策

日本にとって注目されるのが演説中に米朝首
脳会談の場所も正式に公表されることが明らか
になっている点である。ベトナムのダナンという
説が報道では流れているがこれに変わる
サプライズはあるだろうか。

(5)時代を象徴するサウンドバイトはあるか

最後に一般教書演説を通して決め手となる一言
(サウンドバイト)があるかないかも大いに注目
される。

Collage_Fotor201prj_convert_20190206201451.jpg

■一般教書 一定の融和姿勢も壁では譲らず
 /産経より

トランプ米大統領が5日上下両院合同会議で
行った一般教書演説は昨年11月の中間選挙で
下院を民主党が奪還し予算案の承認権限を
握ったのを受け超党派による政策懸案の実現
を訴えるなど一定の融和姿勢を打ち出した。

しかし35日間におよぶ連邦政府機関の一部
閉鎖を引き起こしたメキシコ国境での壁建設
問題をめぐってはトランプ氏は決して譲らない
態度を堅持。これに対し民主党が引き続き態度
を硬化させるのは確実だ。

壁建設問題をめぐる超党派の協議委員会が
2月15日までにトランプ氏の納得できる結論を
出せなければトランプ氏が連邦政府機関の再
閉鎖に踏み切るか議会の予算承認なしに壁
建設費を確保するため非常事態を宣言する
可能性が改めて現実味を帯びてくる。

トランプ氏はまたいわゆる「ロシア疑惑」の捜査
を「ばかげた党派的な捜査」と強く批判。
CNNテレビによるとトランプ氏はスピーチ
ライターが用意した演説原稿の全体的なト-ン
が軟弱過ぎると難色を示し直前で民主党に厳
しい発言も盛り込むよう要求していたという。


…生放送をBS1で見たが確かに「政治ショー」
トランプさんの演説にひとつひとつ議員たちが
リアクション。
立って拍手、座り、また立って拍手、座りーー
その繰り返し。もちろん賛同しなければ無表情
ですわっていても良いのだろうが、、。

演説の前の冒頭挨拶はメラニア夫人の紹介
から始まり、終わりのシメは「神のご加護を」。

軍人から一般人の象徴的なゲスト紹介など
まさにこれぞ「THIS IS AMERICA」
でありました(^^)!

アメリカと「神」との関係については
また別の機会で


206llo_convert_20190206194344.png



[ 2019/02/07 05:50 ] よろずニュース | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する