FC2ブログ






アジア杯 イラン戦 大人の勝利

Collage_Fotor129iio_convert_20190129110900.jpg

イラン戦を生視聴、寝るのが遅くなった。
快勝だったので遅い目覚めもスッキリ!



127asaw_convert_20190127101540.png

129ase_convert_20190129110803.png


129oie_convert_20190129110617.png

■尖閣沖 接続水域に中国海警局の船4隻入る
 /NHK NEWS WEBより

28日午前沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局
の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域
に入ったのが確認され海上保安本部が領海に
近づかないよう警告と監視を続けています。

28日午前11時ごろ中国海警局の船4隻が尖閣
諸島の魚釣島沖の接続水域に相次いで入ったの
が確認されました。

4隻は午後3時現在南小島の南南東およそ31キロ
から33キロを航行していて海上保安本部が領海
に近づかないよう警告と監視を続けています。

…今年は異常に多く侵入をくりかえすこと
16回め、しかも領海侵入が3回も。
かならず武装した中国海警船も。

尖閣諸島周辺を航行そして領土侵入が常態化。
中国が実効支配しているのだと内外にアピール
するため。これをわが国は許してはならない。
尖閣諸島周辺はわが国固有の領土だから!


Collage_Fotor129pse_convert_20190129110952.jpg


SoccerKINGより

🏆AFCアジアカップUAE2019🏆
日本代表 3⃣-0⃣ イラン代表
試合終了‼️2大会ぶりの決勝進出を果たしました
👏決勝は2月1日(金)23時キックオフ。
明日行われるカタール代表対UAE代表の勝者と
対戦します💥

日本のスターティングメンバーは権田,酒井,冨安
吉田,長友,柴崎,遠藤,堂安律,南野,原口,大迫。
大迫が5試合ぶりに先発復帰を果たした。

①後半56分日本は柴崎の縦パスを受けた大迫が
南野にスルーパスを通すと相手DFに倒された
南野がすぐさま起き上がりボールへ追いつき
ゴールライン際からクロスを供給。このボールを
大迫がヘディングで叩き込み先制に成功。

②さらに63分エリア内左に抜け出した南野の
折り返しが相手DFのハンドを誘い日本がPKを
獲得。このPKを大迫がゴール右に決めた。

③その後も集中を切らさない日本は終了間際の
後半アディショナルタイム2分に速攻から原口が
ダメ押しゴールをマーク。


スタメン復帰を果たした大迫勇也が56分67分と
立て続けにゴールを決めると後半アディショナル
には原口元気がダメ押しとなる3点目を挙げた。
FIFAランキングではアジア最高29位のイラン
に快勝し、2大会ぶりの決勝進出を果たした。


*セルジオ越後さんの解説
相手のミスを突いて奪った先制点が勝負を決める
ポイントになった。

日本の先制点の場面はイラン守備陣のセルフ
ジャッジで大迫がフリーになって決めた。日本が
先制できたことは精神的な部分で大きなポイント
になった。もし前半のミスの場面で先制されてい
たら全く逆の立場になっていたかもしれないね。

原口と堂安の両サイドはファールこそ多かったけ
どサイドバックとしっかり連係していた。イランは
サイドから全然崩せていなかったし放り込んでも
中央の吉田と冨安が跳ね返し続けた。最終ライン
はすごく安定していたし陣形をコンパクトに保ち
カウンターも繰り出せた。今大会は引いて守る
相手に苦戦していたけどこのイラン戦ではこれ
までと逆のことができた。

イランは対アジア勢39試合無敗だった。ずっと
負けていないチームが相手にリードを許す展開に
なると精神的にも苦しくなったと思う。
あとは1対1、相手に立ち向かう負けないという
気持ちが溢れ出ていたし後半に入っても運動量
が落ちなかった。優勝候補ナンバーワンチーム
に対して、すごくいい試合ができた。

Collage_Fotor129aaq_convert_20190129111043.jpg

…昨晩は落ち着いて試合を見ることができた。
いつも辛口セルジオが珍しくお褒めのコメント( ´艸`)
にはビックリ\(^o^)/、さて試合内容ですが

イランの戦い方はかつてのオーストラリア戦術に似ていた。
FWのアズムンはケーヒルそっくりで気が短く熱くなる
タイプ。前半からかなりイラついていたし試合終了
間際には乱闘騒ぎの張本人に。ロングボールをガンガン
入れられたがことごとくBkラインが跳ね返し危険の
芽を摘んだ。

イラン主将も同様に苛立ちを隠せずチーム全体が浮足
だっていた。その点日本は終始冷静で豪州主審の
特徴をよく理解してプレーしていた。前のサウジ戦
「主審の笛」を反省しこの試合にのぞんでいた
ことがわかる。

なにしろ吉田+冨安2枚のCBは完璧だった。
ケガをしてしまったがボランチ遠藤のカバーリングや
原口,南野,大迫の上げ下げの運動量は最後まで
落ちていなかった。この献身性が魅力やわ。
ほいちJapanできすぎ(^^♪♪

レーダー照射問題の韓国のデタラメ対応=イランとは
こじつけすぎかな( ´艸`)

さあいよいよ決勝、相手はザックUAEなのでは!


129po_convert_20190129162953.png



[ 2019/01/29 11:38 ] サッカー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する