FC2ブログ






DVについて

IMG_3972_convert_20190121081506.jpg

今年は昨年と違ってPM2.5が少ない日が多い。
偏西風の影響?いやいやChina経済の落ち込みに
違いない∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



120asw_convert_20190121081637.png

万博大阪決まりましたが、拉致家族会の声届かず
張本選手負けましたね。



121zzx_convert_20190121081556.png


■安倍政権 2島決着案を検討 /共同通信

安倍晋三首相は北方領土問題に関し北方四島の
うち色丹島と歯舞群島の引き渡しをロシアとの間
で確約できれば日ロ平和条約を締結する方向で
検討に入った。複数の政府筋が20日明らかにした。
2島引き渡しを事実上の決着と位置付ける案だ。
4島の返還または引き渡しについて安倍政権幹部
は現実的とはと言えないと述べた。
首相はモスクワで22日ロシアのプーチン大統領
との首脳会談に臨む。

2島決着に傾いた背景には択捉、国後の返還を求
め続けた場合交渉が暗礁に乗り上げ色丹と歯舞の
引き渡しも遠のきかねないとの判断がある。

…ほんまかいな?だれのリークや?
早々と白旗あげて北方領土問題終了?
-ばかな!

Collage_Fotorpop_convert_20180409071627.jpg

今朝の虎8青山ギィ~ンは
「共同の乱暴な記事の表現!きちんとウラをとった
記事内容とはいえない。ぼくなりのロシア側の情報
をとると2島返す気は確かにあると思う。4島で
なく2島と急ぐのは7月W選(予測)勝利のために
北方領土の答えを出したいから2島の決着をつけ
たいから。明らかに国益に反するもう絶望感に
おそわれる。つまり国後・択捉を諦めた総理と
して歴史に刻まれますよ」

Collage_Fotor0913ita_convert_20180913083307.jpg


■ペンス副大統領 米朝首脳会談で非核化の
具体的措置を協議 /NHK NEWS WEB

ペンス副大統領は20日FOXニュース番組に出演
トランプ大統領が前日北朝鮮の非核化で大きな
進展を成し遂げていると発言したことについて
問われトランプ政権が発足したおととし北朝鮮は
核実験やミサイルの発射を行っていたが今は行っ
ていないと説明しました。

そのうえで来月下旬に行われる予定の2回目の
米朝首脳会談では金正恩委員長が約束した真の
非核化に向けて北朝鮮がとるべき具体的な措置
についてわれわれの方針を提示すると述べ首脳
会談では非核化に向けた具体的な措置を協議
する見通しを明らかにしました。

ペンス副大統領は先週北朝鮮が非核化の具体的
な措置をまだ取っていないと批判していました
が番組ではトランプ大統領はとても楽観的で
具体的な進展が得られると信じていると述べ
首脳会談への期待を示しました。

非核化の具体的な措置についてアメリカはこれ
まで北朝鮮に対して核兵器や核関連施設の
リストの提示や核施設の廃棄に向けた査察官の
受け入れなどを求めていて首脳会談で北朝鮮側
がこれを受け入れるかどうかが焦点になる。

…2回目の会談意図は何か。国内世論を優位に
導く交渉の落としどころは。まさにスウェーデンで
おこなわれている米朝実務者協議の内容が米
寄りにうまく展開できているからのペンス発言
とみれるが。どうもそのようではないらしい。

159_convert_20171014142703_convert_20180821095701.jpg


■DVについて

配偶者暴力、夫婦間暴力のこと。あらためて
おさらいしてみました。Wikipediaより
DVでいう虐待には以下の種類があると、
経済的暴力,社会的隔離,身体的虐待,心理的
虐待,性的虐待。

被害者支援としては、①急性期の支援
急性期に大切なことは被害者の安全と安心が
保証される空間の確保である。次にDVは犯罪
行為であり重大な人権侵害が起きていたこと
を伝えそのような人権侵害から身を守ること
は正しい選択であることや被害者側は全く
悪くなく自分自身を責めなくてよいという
ことを理解できるよう支援する。

又被害後に心的外傷後ストレス障害((PTSD)
の症状が出やすくそのような症状がみられた
場合しっかりとした治療を受けることが回復
を早めることを伝え本人をサポートする。

②対話による回復
DVでは加害者は一方的に押しつけるモノローグ
を発し被害者は自分の声を発することができな
くなっておりその関係を修復する上でオープン
ダイアローグの手法を応用できる。ただし暴力に
よる家族員のダメージが大きい場合安全な
対話の場を設定することの工夫や準備が
必要となる。

…この件で知り合いの家族に深刻な事態が
起こっています。なので、いろいろ取り調べ中
ですがそのうち「DV被害者対策」として弁護士
などの意見は、

・「家裁に調停を申し立てる」
DV被害のエビデンスを多く集めておくこと。
録音、メール、親族証言など。

・「警察へ被害届を出す」
警察署の生活安全課にはDVを専門としている
職員がいるので相談することで避難シェルター
などを紹介してもらえる可能性もある。 

・「夫を近づけさせない」
裁判所に訴え裁判所が夫に接近禁止命令を
出したら夫は半年間に渡り自宅や勤め先など
に近づくことを禁止されます。もし接近して
いることが発覚したら100万円以下の罰金を
支払うか1年以内の懲役を課せられる。

物理的な接触に加え無言電話をしたりメール
で連絡をとったりすることも禁止されるため
夫から何か連絡がくるのではないかと恐怖に
怯える必要がなくなります。

・「配偶者暴力支援センターに連絡」
内閣府の配偶者暴力支援センターでは被害者
の保護だけではなくその先の法的な手続きの
相談や自立支援なども行なっています


120wer_convert_20190121081717.png



[ 2019/01/21 09:25 ] なにかと気になる | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する