FC2ブログ






フランスで4回目の大規模デモ

IMG_3823_convert_20181209093849.jpg

寒さもふっとぶ、みごとな朝焼けでした。

今日夕方ころ、南西の低い空で、月と土星が
並んで輝くという。細い月とすぐ下に見える星
が土星。ただし高さが低いので地平線付近まで
見通しのよいところでないと見えないかも。


1209gty_convert_20181209093802.png

Collage_Fotor1208oio_convert_20181209105542.jpg

1209ppo_convert_20181209093512.png

■ノーベル賞の酒 5年連続栄誉 /産経より

スウェーデンで10日に開かれるノーベル賞受賞
晩餐会後のパーティーに神戸市東灘区の老舗酒造
神戸酒心館の清酒「福寿」が5年連続で振る舞わ
れることが決まった。福寿は近年日本人が受賞
した年は毎回採用されており京都大の本庶佑特別
教授が医学生理学賞を受賞する今回で通算8回目

採用が決まったのは同社の看板商品福寿純米吟醸
(720ml)六甲山系の湧き水を使い通常よりも10度
ほど低い温度で発酵させるなど独自の手法で醸造
している。フルーティーな香りやすっきりした
口当たりで飲みやすいのが特徴だ。

平成7年の阪神大震災で200年以上稼働してきた
木造の酒蔵が全壊し一時生産中止に追い込まれ
たが3カ月後には設備を整えて生産を再開した。
全国新酒鑑評会金賞など多数の受賞歴がある。

Collage_Fotor1208asi_convert_20181209105627.jpg

…神戸といえば生れふるさと、ぜひ酒のお供に
コスパの高い食材おすすめは
①長田の「にくてん」と「モダン焼き」
独自のこなもん文化を育み、継承してきた長田
大正筋商店街で。

②同じく大正筋商店街にある千鶴屋精肉店の
「ミンチカツ」と「コロッケ」。檄ウマですぞ。
創業70年以上になるかな?その昔は丸五市場
の前で開業していた。


Collage_Fotor0901ww_convert_20181017103213.jpg


■フランスで4回目の大規模デモ  /毎日より

フランスで8日燃料税の引き上げ方針をきっかけ
とした政府に対する4回目となる大規模な抗議
デモがパリなどであった。普段なら多くの観光
客であふれるパリの街も装甲車が配備される
など張り詰めた空気に包まれた。

シャンゼリゼ通りにはデモのシンボルである
黄色いベストを着た参加者ら約1500人が集結。
一部が投石し治安部隊が催涙弾や放水で応戦
するなど騒然となった。警察当局は暴力破壊
行為を準備した疑いで仏全土で700人以上を
拘束した。

デモは11月17日に始まり毎週土曜日に大規模
なデモに発展している。12月1日にはパリを中心
に一部が暴徒化したことから老舗百貨店や
エッフェル塔、ルーブル美術館なども休業。パリ中心部
にあるブティックやレストランの多くは当局の求めに応
じて営業を取りやめ窓ガラスが割られないよう
木の板などで覆われた。

治安要員約8000人と12台の装甲車が配備され
普段なら多くの観光客らでにぎわう市内は物々
しい雰囲気に包まれ閑散としていた。政府は
燃料税の来年増税を凍結したもののデモを回避
できなかった。デモ参加者は他に高所得者への
富裕税の再導入や最低賃金の底上げなども
要求しておりデモが収束に向かうかは不透明だ。

フランスの「黄色いベスト」デモは周辺国にも
波及している。ベルギーの首都中心部でも8日
少なくとも数百人が参加するデモが発生し地元
メディアによると100人以上が拘束された。

ブリュッセルではフランスと同様に実質的な主催
者が不在で参加者は道路作業などで着用する
黄色いベストをシンボルにしている。ソーシャルメディア
では農家やトラック運転手の団体にも連携を呼び
かけ最低賃金引き上げや公共交通の改善など
多様な要求を掲げる。

Collage_Fotor1208dsd_convert_20181209101041.jpg

…フランスでは先月24日のデモには全国で約10
万人以上が参加したといわれマクロン政権の経済
政策に国民は怒り心頭に一見みえる。
この暴動の首謀者、団体はいないというが明らか
に労働争議にみせかけた反マクロン派の政権転覆
活動ではないか? いずれにしろ、
隣国にも影響を与えておりこれは看過できず、
暴動が長期化すれば欧州全体に波及しかねない!
英も独も仏も欧州主要国漂流難民化┐('~`;)┌



トランプTwitterは
「パリ協定はパリにとってはうまくいってない。
デモと暴動がフランス中で起こっている。他国の
環境を守る為の大金は支払いたくない。フランス
ではトランプの政策が必要。フランスを愛す」

「パリにとってはつらい日々だ。もう莫大な費用が
かかるパリ協定をやめたほうが良い。お金を減税
というかたちで国民に還元するほうがよい。
だから米国は先手を打ってパリ協定を脱退した」


IMG_7648_convert_20181209104548.jpg



1209liu_convert_20181209093720.png



[ 2018/12/09 10:48 ] あれこれ気になること | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する