FC2ブログ






そもそも北方領土問題とは

Collage_Fotor1116gsi_convert_20181116094443.jpg

このころ、早朝はカラスが大声でよく騒ぐ。
早晩、このカラスの棲息する小山が宅地造成
でなくなるので、これを察知し始め抗議している
のか( ´艸`)
さてさて棲み処はどうするのやら。


1114lkl_convert_20181114075453.png

1116pop_convert_20181116094305.png


■尖閣沖の接続水域に中国海警局船4隻
 /NHK NEWS WEBより

第11管区海上保安本部によりますと沖縄県
の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が
日本の領海のすぐ外側にある接続水域を
航行しています。4隻は15日午後3時現在
久場島の東およそ33キロから36キロを
航行していて海上保安本部が領海に近づか
ないよう警告と監視を続けています。

Collage_Fotor1018asa_convert_20181017082626.jpg

…11日連続、武装した中国海警船。
そして11日には領海侵入!

尖閣諸島周辺を航行そして領土侵入が常態化。
中国が実効支配しているのだと、内外に
アピールするため。
これをわが国は許してはならない。
尖閣諸島周辺はわが国固有の領土だから!


1116ghg_convert_20181116094413.png


■3年以内の平和条約締結は見事な決断
 鈴木宗男氏 /産経

新党大地の鈴木宗男代表は15日国会内で講演し
安倍首相がプーチン大統領と3年以内の平和条約
締結を目指すことで合意したことについて国益
を考えての英断で領土問題にけじめをつける
見事な決断だと評価した。

両首脳が合意した日ソ共同宣言を基礎とする
平和条約締結交渉については歯舞群島と色丹島
の引き渡しに残る2島の自由往来や共同経済
活動などを組み合わせた2島+α の決着になる
との見通しを示し現実的な流れで安倍首相の
決断は間違いなく国民に支持されると述べた。

Collage_Fotor1116sfh_convert_20181116094620.jpg

…アホか(# ゚Д゚)!
最悪の宗男シナリオによもや安倍さんが乗って
るとは思いたくないのだが…
一方で新聞各紙及び辻元清美までもが揃って
4島でなければダメと主張しているのはオヤッと
思うも、ウラを返せばなんでも安倍さんがやる
ことにハンタ~イだからな。


Collage_Fotor1116cxc_convert_20181116094516.jpg


*北方領土問題とは
北方領土は歯舞群島,色丹島,国後島,択捉島
の4島。北方領土は日本がロシアより早くその存在
を知り多くの日本人がこの地域に渡航し生活をし
父祖伝来の地として受け継いできたものです。

・北方領土問題の経緯

1855年2月7日静岡県下田において日魯通好
条約(下田条約)が結ばれ両国の国境は択捉島
とウルップ島の間に決められ4島は日本の領土とし
ウルップ島からの北の千島列島はロシア領、樺太は
両国民の混住の地であると。1875年樺太千島
交換条約により千島列島(ウルップ島より以北の
18の島)をロシアから譲り受けるかわりに樺太を
日本は放棄した。

4島は含まれず。1905年日露戦争の結果北緯
50度以南の南樺太が日本の領土となる。1951年
サンフランシスコ平和条約(ソ連不参加)で日本は千島
列島と南樺太の権利等を放棄。しかし放棄した
千島列島には4島は含まれていない。この条約
では放棄した地域が最終的にどこに帰属するか
は何も決められていない。

1945年ソ連軍は日本がポツダム宣言を受諾した後
日ソ中立条約を一歩的に破棄し8月18日より
千島列島占守島へ奇襲攻撃を開始し侵攻したが
日本軍守備隊と戦闘になった。戦闘は日本軍優勢
に推移するものの軍命により21日に日本軍が
降伏し、停戦が成立。23日に日本軍は武装解除
された。捕虜となった日本兵はその後大勢が法的
根拠無く拉致され、シベリアへ抑留された。

そしてソ連は9月5日までに千島列島のみならず
4島をも占領した。しかも1946年に4島を一方的
に自国領に編入し当時4島全体に約17000人住
んでいたすべての日本人を強制退去させました。

Collage_Fotor1116dfd_convert_20181116094547.jpg


・北方領土問題についての日本政府の基本的立場
1)
歯舞群島,色丹島,国後島及び択捉島からなる北方
4島はいまだかつて一度も外国の領土となった
ことがない我が国固有の領土である。我が国と
しては北方4島の帰属の問題を解決して平和条約
を締結するという一貫した基本方針の下強い意思
をもってロシアと交渉を進めていく。

2)
1993年の東京宣言以降日露間においては北方
4島の貴族の問題を解決して平和条約を締結する
という共通の交渉指針を繰り返し確認している。
同宣言は北方領土問題を
(1)歴史的・法的事実に立脚し
(2)両国の間で合意の上作成された諸文書及び
(3)法と正義の原則を基礎として解決するという
明確な交渉の指針を示されている。

3)
北方領土問題の解決に当たって我が国としは
①北方4島の日本への帰属が確認されれば
実際の返還の時期態様については柔軟に対応
する
②北方領土に現在居住しているロシア住民について
はその人権利益及び希望を北方領土返還後も
十分に尊重していくこととしている。


1116asp_convert_20181116094341.png



[ 2018/11/16 10:48 ] みそ汁沢庵ニュース | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する