FC2ブログ






伊藤忠から憲法改正

IMG_3645_convert_20181103103256.jpg

今朝はどっしり厚い雲に覆われ、徐々に薄い雲
から晴れ間がのぞく。昨日ほど元気玉に覇気は
ない。今日は4時に起床したがまたまた一段と
寒い。めだか軍団も微動だにせず( ´艸`)


Collage_Fotor1103ore_convert_20181103103221.jpg


1102pppo_convert_20181102110012.png


1103vgv_convert_20181103102926.png

『日本国紀』執筆の目的は、読んだ人に、
「日本はなんて素晴らしい国なんだ!」と気付い
てもらうことでした。そしてこの国を築き上げて
くれた父祖に感謝の念を持ち、日本に生まれた
ことに喜びを覚え、日本人であることに誇りを
感じてもらおうという思いで書きました。
百田さんTwitterより


IMG_8012_convert_20181103105818.png


■青森沖に木造船2隻漂流 /北朝鮮船か
 /産経より

2日青森県大間町沖で木造船が漂流しているの
を地元漁師が発見し青森海上保安部に通報した。
船体にハングルとみられる文字が記載されており
同保安部は北朝鮮から漂着した可能性があると
みて調べる。大間町沖ではこの船とは別に漁網
に絡まった木造船を確認したと明らかにした。

…このころになると北の漂流船が多くなる。


Collage_Fotor1103per_convert_20181103103100.jpg

■ドバイ警察 空飛ぶオートバイ導入へ /CNN

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイの警察はロシア
技術開発企業が手掛ける空飛ぶオートバイを
将来的に導入する方針を決めた。
同企業のアタモノフCEOはフェイスブックで
ドバイ地区で大量生産を始める了解覚書に
署名したと明かした。

このバイクはスコーピオンと呼ばれる1人乗りの
タイプで4枚の回転翼を備える。速度は時速約64
キロで25分間の飛行が可能。搭載能力は約272
キロ。自律的な作動も出来るとしている。
ドバイの警察は最先端技術の装置を積極的に
取りいれるスマートドバイ計画を進めており
ランボルギーニの高速パトロールカー、自動走行
ロボットのパトカーやロボット警官の導入も既に
発表している。


dubai-police-hoversurf-card-003[1]_convert_20181103103029


■米の対中赤字、過去最大 /共同通信

米商務省が2日発表した9月のモノの貿易収支に
よると国別で最も多い中国に対する赤字は前月比
4.3%増の約4兆5千億円となり単月としての過去
最大を更新初の400億ドルの大台に達した。

日本に対する赤字は34.7%減の39億2700万ドル
で中国,メキシコ,ドイツに次ぎ国別4位。米政権
は日本との通商交渉入りを議会に通知しており
対日赤字削減へ向け引き続き圧力をかけると
みられる。

その前の1日、トランプ大統領Twitterより
「丁度今中国習近平首席と良い会話をした。
貿易に関する話題を中心として多くのテーマに
ついて話をした。これらの話はアルゼンチンで
行われるG-20での会議にて上手く進むだろう。
また北朝鮮とも良い話をした。

…トランプさんの「よいしょトーク」の裏には謀略アリ。

Collage_Fotor1103asdf_convert_20181103103133.jpg


さて、その中国と伊藤忠 →

■伊藤忠、中国投資で1433憶円損失 /時事通信

伊藤忠商事は2日中国の国有企業である中国中信
集団(CITIC)に対する投資をめぐり1433億円の
減損損失を2018年9月中間決算で計上すると
発表した。CITICの株価が下落したため。


…CITICへの投資は中国ビジネスの飛躍的な拡大
を目指して6000億円を投じた戦略案件だが3年
たった今も共同事業の成果は乏しい。

PILES GARAGEは昨年の10月、伊藤忠を
「中国事業で空前の絶好調 伊藤忠商事成長
の秘密は人にあり」と天高く持ち上げた。
メインは、伊藤忠とCITICとの提携はなぜ生まれた
のか、なぜ伊藤忠はここまで中国で成功できた
のかを岡藤会長(当時社長)の功績が大と紹介。

確かに伊藤忠の人材は優秀かもしれないがトップ
があまりにも「中国ビジネス頼り」なのが誤算
だった。対中強硬派トランプさんを恨んでも恨み
きれないだろうがこれが史実であり、真実の
世界経済なのだ。
現実の歴史に「if」をあてはめヒラリーだったら
はないはなし。

典型的トップは丹羽宇一郎氏元中国大使、彼は
親中派以上の超媚中派。中国ベッタリ事業舵取り
で伊藤忠丸の座礁は予測されていた。確か
あの頃青山ギイ~ンも日本企業の中国経済への
過度な偏重に警鐘をならしていたのと思う。

安倍首相は先月末中国訪問の際500人もの
企業関係者を帯同させたがこれは二階さんの
顔立てだけ。本気で中国投資を考える経営者
はほんのわずかでしょう。

世界経営と世界外交は車の両輪。特にChina
は南シナ海、尖閣諸島、はては沖縄まで視界に
おいて権益を実効支配しようとしている。

軍隊がない、核もないわが国「日本」!
Chinaの侵略に対して、国民も領土も守ること
ができない。なすすべなし ┐('~`;)┌
仮に日米関係が切れて、日中関係が強固に
なれば「第二の太平洋戦争」のゴングが鳴る。

だからだから「憲法改正 自衛権の発動を
妨げない!」を急がねばならないのだ。

いやあ伊藤忠から憲法改正になってしもうた。


1103popp_convert_20181103102956.png



[ 2018/11/03 11:02 ] みそ汁沢庵ニュース | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する