FC2ブログ






ベルギーロスとマクロ経済人

_MG_2310_convert_20180718064822.jpg

今日もまた、朝から灼熱高温高湿地獄。
久々のジム活とウオーキングで思いっきり汗を放出
するか。あ、UVカットクリーム忘れずに。


0718lz_convert_20180718064955.png


また来た「中国武装船!」
繰り返し申し上げますが昨年比多寡ではない。
中国公船・武装船があらわれ、わが国尖閣周辺
領土に接近・領海侵入を繰り返し脅かすことが
大問題なのである!


0719pp_convert_20180719073730.png


W杯が終わってしまった。

W杯ロス=ベルギーロス=サムライブルー
ロスに( ´艸`)
ふりかえってみれば、サッカーとは50年近い
付き合いになるが、より興味深く愛着を持った
のが東京12チャンネルの「三菱ダイヤモンドサッカー」

当時イングランド、西ドイツリーグなどの世界最高基準
のレベルに驚き、金子アナ岡野氏コンビのよどみない
語り口にしびれながら、生放送を食いつくように
見ていたのを昨日のように思いだされます。

そして、想いで深いのが西ドイツ大会決勝戦の
西ドイツvsオランダで、ときは1974年7月7日
この日、日本は衆議院総選挙の日と重なる。
NHKや、民放各局は当然選挙特番を組んだが
東京12チャンネルは決勝戦の衛星生中継を行う。

解説:岡野俊一郎 実況:金子勝彦
そして第1声が「サッカーを愛する皆様今晩は、
ミュンヘンオリンピックスタジアムです」という
有名なフレーズで始まる。

この1974年決勝の西ドイツ×オランダですが 
ミュラー、ブライトナー、クライフ、ニースケンスら錚々たる
メンバーのなかでも、異質ストライカー ゲルトミュラーは
忘れられないプレーヤーの一人。

試合レベルも現代サッカーに負けず劣らず創造的で
ファンタスティック。
これで、当時の視聴率がなんと3.7%。
2002年決勝のブラジルvsドイツ戦が65.6%
だったことを考えると隔世の感がありますね。

Collage_Fotor0628ow_convert_20180630091106.jpg


■Football Actionより

土曜日のW杯3位決定イングランド戦で2-0
の快勝を収めたベルギー代表が翌日に母国へ
凱旋。首都ブリュッセルでの歓迎セレモニー
に参加した。
 
会場となったラーケン王宮およびグランプラスは、
開始前からおよそ4万人のファンで大盛り上り。
大音量の音楽が流れるなか王宮のバルコニー
に選手たちが登場するとボルテージは沸点
に達した。23選手が一人ひとり紹介され、
それぞれが思い思いにマイクを持った。
やはり大人気だったのは主将のアザール、
代表チームの応援歌を絶叫してファンを
歓喜させた。



その後チームはバスに移動してパレード
を敢行。アザールはその模様を自身の
ツイッターに投稿しなんて歓迎ぶりだろう
俺はファンが大好きだ!と動画付きで喜び
を表現した。

…多数の死傷者をだしたベルギー連続テロ事件
から2年あまり。その不幸な出来事を完全に
払拭する祝勝イベントに、心からおめでとうと
祝意を述べたいですね。
それにしても、世界遺産でやれるなんて!

ジャパンブルーが「姫路城」前広場で凱旋報告
できる日はいつ?

_MG_2193_convert_20180718085935.jpg

IMG_4513_convert_20180718090101.jpg


■金融慣習にとらわれないファンド /日経より

本田圭佑選手が米俳優ウィル・スミス氏
と組み月内にベンチャーファンドを設立する。
日本で約110億円を集め米国を中心に創業
したての有力スタートアップ企業に投資する。
両氏の人脈を活用してこれまで日本からは
アプローチが困難だったスター企業の卵を発掘する。
名称は「ドリーマーズ・ファンド」

野村ホールディングも参画し、日本の機関投資家や
大口の個人投資家から資金を募る。スミス氏の
資産管理会社の投資責任者は米ウーバーテクノロジー
などへの投資実績がある。本田氏も未公開企業
に投資するエンジェル投資家の顔を持ち、
プログラミング教育やドローン事業などに資金を
投じてきた。スミス氏の協力を得て日本の投資家
と海外企業の橋渡しをしたいと語る。

又エンジェル投資を始めたのは貧困解決のヒントを
探すことが動機だった。富が行き渡らない、
教育が行き届かないことを解決できる企業に
投資したかった。その延長線上で、世の中の
問題を解決しようとしている人に投資できるの
ではないかと考えた。ただエンジェル投資は自己
資金だったが、今度立ち上げるファンドは結果
に責任を持たなければならない。
旧来の金融業界の慣習にとらわれない新たな
ベンチャーとして挑戦したいと語る。

2378_convert_20180718081741.jpg

…ん~ケイスケ、ただものではない。中田ヒデは
ミクロ経済人だが、ケイスケはマクロ経済人か。
因みにサイア人ナガトモもスポーツ選手管理育成モデル
を実体験、起業化している。
サッカーを通じてビジネス展開。ここでも頭脳が基準。


0718kk_convert_20180718065023.png



[ 2018/07/18 09:02 ] サッカー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する