風雲急を告げる 政局編⑧

066_convert_20171014143230.jpg
まずは現場で見て、聞いて、確かめよう。


今晩、小池百合子氏の立会演説会を見に行きます。
維新と希望の微妙な立ち位置を現地現場で確認せねば。


233_convert_20171014113055.jpg

大阪なんばに、どれほどの聴衆が、どれだけグリーンの物を持った大阪人
が集まるのか…。いくら松井知事と手を握ったとはいえ(表面上)
お江戸手法が通用するとはおよそ思いませんが。

現在足で歩いて、地元立候補者の動向を探っています。マスメディア・ネットのマクロ情報
にプラス、自分のミクロ情報収集を重ね合わせて選挙を判断したいので。
そして、明日の独立講演会で、青山繁晴さんから最新の情勢やら今後の動向
を伺ってきます。


IMG_3692_convert_20171014075558.jpg

青山繁晴さんが、7月25日(火)の午前9時から約72分間、参議院の
予算委員会で質問に立った。
テーマは『安倍内閣の基本姿勢』。
「党利党略のためでなく、ただ国益のためにこそ、不肖ながら質問いたします」
と冒頭いつものフレーズから始まり、野党が騒ぐモリカケ事案はなんの問題もない
等指摘。

そして質疑終盤に
中国による北海道での大規模な土地取得、尖閣諸島海域への侵入という点で
『何をかまけて日本の安全保障をおざなりにしてるのかということを、
国民の方々が
いてらっしゃると思います』と憤激し、問題提起されました。


中継を生で見ましたが、野党はまったく反応せず無視。野党が大反対した
特定秘密保護法、安全保障法制が今なければ日本の国防は完全に機能不全
になっていたはず。

いずれにせよ、その後の半島情勢の緊迫度合いも含めて今回の解散大義は
ここにあり。
自民党の政策での第一項目「北朝鮮の脅威から国民を守り抜きます」は
この青山さんの質疑が影響していることは間違いない。

この国を守る、国民を守るという前提条件があるからこそ、憲法改正提案議論に
すなおにつながり、拉致被害者救出の最大のチャンスとなりうる。
ゆめゆめ消費増税問題は今選挙の争点にはならないのである。


113_convert_20171125132912.jpg
[ 2017/10/14 08:58 ] 風雲急を告げる | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する