FC2ブログ






いいものはいい

_MG_1564_convert_20180521074920.jpg

明け方はいつものように、どんより雲で寒~い。
しばらくすると、パーと雲が切れた。 で、
お久しぶり元気玉登場! そらは超快晴に。

0521as_convert_20180521075042.png


Collage_Fotor0521vc_convert_20180521085524.jpg

昨日は神戸まつりへ。お祭りには一切関知せず
ジャズばかり、なんと4時間も聴いてました。

それにしても、初めてとは思えないぐらいの
Leeさんの司会、進行、プロデュースとてもGood!
楽しいひとときを過ごさせていただきました。

帰りには、お約束のマルちゃん焼きそば2つ
たいらげ、黒ビールを2杯グビっと飲んで帰路。


Collage_Fotor0521xx_convert_20180521085446.jpg


■今朝は虎8青山ギィ~ンの日。

とら録りでの話題「資源エネルギー調査会」議論は
特に、興味深かったですね。
「メタハイは、EPRからみても実用化できる。
日本海側の表層型は地産地消であれば
1年ぐらいで可能である」と。

エネルギー収支比率(Energy Profit Ratio=EPR)でみれば
EPRは必ず1より大きい必要がある。
1より小さいということは、エネルギー資源ではない
(採算にのらない)ということ。

そのEPRについて現在のPVだと5、原発は40
日本海側メタンプルームだと非公表だが70~80。
メタハイを実用化しできないのは、既得権益のカベ。


IMG_3692_convert_20171014075558.jpg



以前紹介した、弦哲也「北の旅人」につづき、
第二弾「天城越え」がしびれます。その前に

ここでおさらい、
■弦哲也プロフィール

47年千葉県銚子市生まれ。歌手作曲家。
本名、田村正稔(たむら まさとし)
65年田村進二の芸名でデビューするが
芽が出ず、その後北島三郎の公演にギタリスト
として帯同した折に、作曲活動を勧められる。
趣味:ゴルフ、野球、読書、温泉巡り

76年、弦哲也のペンネームで棋士内藤国男
の「おゆき」で作曲家としてデビュー。
78年NHK『あなたのメロディー』にグランプリ
歌唱シングル「与作」を発表。以後、
石川さゆり「天城越え」川中美幸「ふたり酒」
「二輪草」小林幸子「越後情話」など、
女性演歌を中心に話題作を量産。

作曲した作品数は2000曲を超えるが、
その他ヒット曲は
石原裕次郎「北の旅人」
五木ひろし「人生かくれんぼ」
都はるみ「千年の古都」「小樽運河」
美空ひばり「裏窓」
水森かおり「熊野古道」
「安芸の宮島」「鳥取砂丘」など

☆BS朝日 昭和偉人伝より
・歌の原風景と故郷の空
ラジオから流れる古賀メロディーや田端義夫の
かえり船を聴き、ギターに心奪われた少年時代。
寝ても覚めてもギター三昧だった少年時代。

・旅から旅への修行時代、しあわせ演歌の
代名詞「ふたり酒」のヒットで、作曲家としての
評価を確立。
さらに石川さゆりを歌謡界の頂点に立たせよう
とした熱い思いが、女の情念を呼び醒まし、
弦哲也に新たな境地を開かせた昭和の名曲
「天城越え」

・我、未だ旅の途中、水森かおりと語る
遠回りだった音楽人生、家族への感謝、
変わらぬ歌への愛情、そしてこれからも続く旅
弦哲也と水森かおりの語らいから見えてくる
もの。今年、音楽生活53年を迎え、多彩な
活躍を見せる弦哲也。

…先日、BSフジの番組「名歌復活」に
弦哲也・杉本まさと・岡千秋・徳久広司が出演。
それぞれ歌手でもあり作曲家でもある4人が
自ら演奏し独唱。

ひさびさ感動の番組でした。
弦さんは「天城越え」を熱唱。
番組は違うもYou Tubeで
その素晴らしい歌声をどうぞ…





0521mz_convert_20180521075016.png



[ 2018/05/21 10:10 ] 神戸 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する