FC2ブログ






sakuzaが唄う「夢のてっぺん」

1525_convert_20180519095343.jpg

昨日の夜はどしゃ降り、早朝は雲も多かったが10時を
すぎたころには、真っ青な空出現。


0519nz_convert_20180519094411.png


■中国公船(武装船)1週間連続!
しかも、領海侵入!


0522fg_convert_20180522080404.png


■両「太郎冠者」は最強!

麻生太郎率いる「罪務省」いや財務省、と
河野太郎率いる「害務省」いや外務省。

リーダーが変われば、こんなにも官僚組織が変わるものなのか。

とかく評判の悪かった両省ではあったが、まず
外務省においては、米朝会談を板門店ではなく、
シンガポールに。
拉致被害者救出に向けての水面下での交渉。
歴史認識や安保での対中強硬路線シフトなど。

秋葉新事務次官はというと「安倍-河野-秋葉」ラインが強硬。
つまりは
対中、北、ロシアの外交政策の立ち位置がしっかりとしていて、
特に北朝鮮への強い圧力は、外務省パワーが効いている。


Collage_Fotor0519ka_convert_20180519095422.jpg


一方、財務省だが、いまモリトモ改ざん問題でガタガタになっている
うえにさらに、追い討ちになった福田事務次官のセクハラ辞任。

そして、その傷口に塩をすりこむ、19連休野党(維新を除く)は、
財務官僚を合同で「パワハラヒアリング」を繰り返す。

このクサレ野党やマスゴミに対して、麻生は責任とれと再三再四
にわたり辞任を突きつける。

ここで麻生は、一切ひるむことなく、毅然と立ち向かう。

「福田は嵌められた」と擁護するのである。
もちろん安倍官邸も麻生を全面支援。

日大アメフト監督とは雲泥の差。さて、部下はどう感じるでしょう。

余談ながら
秋口になると、財務省(国税部隊)による野党議員への
大報復攻撃(ZRA)が始まるのではないかと思いますが。
まず血祭りにあげるのは、パフォーマンス満載でテレビ画面に
ドヤ顔をつくったあの輩から。



■sakuzaが唄う「夢のてっぺん」

歌手 小田純平 作詞 朝比奈京子 作曲 小田純平 

山犬みたいな眼をしてた 土で汚れた小娘が 
抱いた男を幸せに できる女になりました 
ああ、吉野の里にカラカラと
赤い桜の花が降る  
どうせあの世に逝く身なら 
夢のてっぺん 通りゃんせ


誰が教えた色の道 どこでおぼえた恋の道 
二ついっぺにゃ通れない 穴のあくほど指をかむ
ああ、丹波の女衒が父さんで 
ケチの女将が母さんで
可愛いカムロが妹の 紅い灯ともる 花魁の家


年季の明けた姉さんの 弱いからだを気遣った
馴染みのお人のふるさとで 
所帯をもつと聞きました
ああ、今夜はわたしおごりだよ 
偉いお方も無礼講
春も朧の夜桜に かぬ女の うれし泣き


どうせあの世に逝く身なら 
夢のてっぺん 通りゃんせ  



0519zd_convert_20180519094328.png



[ 2018/05/19 10:32 ] もし……だったら | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する