風雲急を告げる 政局編⑤

公示日。いよいよ戦いの火蓋はきられた。

028_convert_20171125132652.jpg

第47回衆議院総選挙戦いのゴングがなった。22日が投開票。
今回は465の当選議席数で、前回より10減(小選挙区で▲6比例区で▲4)
内訳を各ブロック別にみると (小選挙区+比例区)

北海道20(12+8) 東北36(23+13) 北関東51(32+19)
南関東55(33+22) 東京42(25+17) 北陸信越30(19+11)
東海53(32+21) 近畿75(47+28) 中国31(20+11)
四国17(11+6) 九州55(35+20) 計465(289+176)

自民が244とれば安定。国会の17常任委員会ポストを独占し、委員の半数に
委員長の数を確保。261なら絶対安定多数、委員の過半数に委員長を独占、
盤石の国会運営になる。
安倍総理の目標は与党で過半数なので自民単独では公明30なら203。
203高地で連立政権継続だが自民86減ではさすがに火の手はあがる。
永田町界隈では50減(239)でも厳しいという目もあるが…

さて現段階での予想議席をそれぞれみると
・週刊文春
自民214(155+59)公明34(9+25)
希望101(63+38)立憲28(13+15)維新27(11+16)共産22(1+21)
無所属36(与党系5+0、野党系31+0)

・ニコ動
自民266(202+64)公明34(9+25)
希望77(39+38)立憲17(6+11)維新26(10+16)共産21(0+21)
無所属22(与党系6+0、野党系16+0)

・児玉克哉氏
自民223(160+63)公明34(9+25)
希望117(79+38)立憲17(3+14)維新26(13+13)共産23(1+22)
無所属23(23+0)

・高橋洋一氏
自民265 公明30 希望70 維新20 立憲25 共産25 無所属30

・半野口氏
自民274 公明34 希望63 維新21 立憲29 共産23 無所属21

ちなみに
sakuzaは(小池氏が出馬しないとみて)
自民270 公明34 希望65 維新20 立憲25 共産20 無所属31


2922_convert_20171125160849.jpg

もう一度、各党情勢のおさらい…
@憲法、モリカケ、北の有事、消費税と話題満載 又季節よしで投票率は上がる。
case1) 18才以上のYOUNG世代初参加で投票率増→利する党は、自民。
case2) 無党派層増で投票率増→利する党は、ふわっとした保守層は自民。
     情弱団塊層は希望。

@前回の「小選挙区」での選挙戦術力は
 ・自民は得票率48%で議席率76%はできすぎ。茂木選対委員長の力か?
 ・民主は23%で13%は大失敗。馬淵選対委員長は戦犯のひとり。

@前回の「比例区」での組織基盤力について
 得票数の自民1766万、民主978万、維新838万、公明731万、共産606万
 民主票が希望、立憲、無所属にどう配分されるか。

@準備不足、選挙参謀不在、連合離れ、小池党首不出馬で希望は苦戦。
 連合東京は立憲を支援。首都圏の小池チルドレンは惨敗。

@連合票は個人に分散となり、希望新人は不利に 、無所属が優位に。

@メディア報道は小池党首不出馬で、モリカケ報道時ほど政権交代ムードつくれず。
 また、小池旋風は東京のみ、地方には風吹かずむしろ逆風に。

@東京都は公明固定票の行方が注目されるが、都議選と国政は違うので票は
  自民に流れる。

@前回と比べ、小選挙区の変更見直しが約30%及び小選挙区議席で6減、
  比例区で4減の影響で利する党の見極め難。

・11時30分現在の候補者届け出数は
自民276、希望198、維新47、公明9、共産206、立憲62、無所属71他
・各党首の第一声場所は自民/福島、希望/東京、維新/大阪、公明/北海道
、共産/東京、立憲/宮城
・NHKは①自公②希維③共立社の三極構造選挙と位置づけ、注目選挙区として
東京7区、熊本1区を紹介。なぜ今回の大争点「安全保障法制」「憲法」について
真正面から放送しないのか。
どの国の公共放送か。NHKよ逃げるな!
[ 2017/10/10 16:26 ] 風雲急を告げる | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する