FC2ブログ






self health check 8-2 快「食」度について

_MG_0004_convert_20180507074536.jpg

朝から「しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん」
4月18日以降から、約20日ぶりのおしめり。
こんなにも長く晴天が続いたのは、ほんと久しぶり。


0507gf_convert_20180507074640.png

■長友佑都Twitterより
勝利!残り2試合!チャンピオンになって日本へ帰る!
Great victory tonight. Last 2 to go.
Thank you amazing fans who came all the way to Akhisar.
Mükemmel bir galibiyet! Akhisar’a gelip bizi destekleyen,
gelemeyip kalbi bizimle atan tüm taraftarlara teşekkürler


…明日、詳細報告!


IMG_3692_convert_20171014075558.jpg

■虎8 青山ギィ~ン登場
「米朝会談」で、日本がすべき要請は2プラス1。
1.「核ミサイルの解体」、2.「拉致被害者救出は米の後押し必要」
プラス「板門店での開催はやめた方がよい」

今日も「トラ撮り」のはなし濃いわああ~!
NSCでの高官とのやりとり、「endorsement」保証・是認でのくだりなど


■快「食」度について 8-2

◇「鰹カツオ」の研究
①鰹はスズキ目 サバ科
・「初ガツオ」は春~初夏に日本近海に北上回遊してきたカツオ。
 この時期のカツオはまだ身に脂が乗っておらず、かつお節原料に。
・「戻りカツオ」は餌の豊富な黒潮と親潮の混合海域からさらに
 親潮流域に回遊し、秋口に日本近海で獲れるカツオ。
 脂は乗り、生食には美味しいのですが、かつお節原料には不適。

「目には青葉 山ホトトギス 初鰹」(山口素堂)と詠まれたように
近海のカツオを漁獲していた江戸時代には、北上するカツオを季節
のはしり物として珍重しました。この句の影響かカツオのシーズン
は4~5月のイメージが定着。

0506oo_convert_20180507082637.png

②カツオの漁獲量の推移、輸入量、生産量 2016年度
・漁獲量は22.8万tで、10年前比▲10万t
・冷凍カツオの輸入国1位はインドネシアで1.7万t(63%)
・節類(本節)、削り節の主な生産地と生産数量
 鰹節2.9万t;1位鹿児島(73%)2位静岡(26%)3位高知(0.4%)
鯖節1.2万t;1位熊本(44%)2位静岡(22%)3位鹿児島(21%)
 鰹削り節1.7万t;1位愛媛(37%)2位静岡(18%)3位愛知(8%)

③主なカツオ料理
・たたき
「土佐造り」とも呼ばれ、新鮮なカツオを卸し、皮付きのまま串を
打って塩をふり、わらの火で表面を軽く焼きます。焼きあがったら
包丁の背などでたたき、ポン酢・アサツキ・ニンニク・ショウガ
などの薬味を盛り付けます。

表面を焼くことにより、漁獲後間もない新鮮なカツオでも、加熱
によりイノシン酸が生成されて旨味が出て、身が柔らかくなり
食べやすくなります。加えて、焦げによる香り付けとともに、
生臭さを消します。皮をつけたまま焼くので、皮と身の間の
おいしい脂を味わうことができます。

・塩辛(酒盗)
カツオの胃・腸・幽門垂を、水洗いした後に食塩と混ぜ合せ、攪拌
を繰返してつくります。発酵と熟成には1~2年の期間がかかります。
内臓にはビタミンDが大変多く含まれ、カルシウムやリン酸の吸収
を促進し、生体のカルシウム・リン酸の代謝の調整をする働きが
あります。骨粗鬆症や免疫力の向上・脂肪代謝の促進・筋肉強化
などの健康効果が高められます。

Collage_Fotor0507jn_convert_20180507080220.jpg

④鰹節の呼び方は4種類
・「荒節」
生切→煮熟→焙乾により作られ、表面には真っ黒な煙の成分が付着
している。水分量は23%前後。削って花鰹としても使われる。
噛めば噛むほど甘みやうまみが出る。
・「裸節」
荒節の表面の煙の成分をグラインダーなどで削り落としたもの。
関西ではこれを「鰹節」と称することが多い。
・「枯節」
土佐・薩摩節の一番カビ付けをしたもの。「一番枯」、
「カビ付け一乾」とも呼んでいた。味は濃い。
・「本枯節」
水分量は13~15%で、世界で最も硬い食品とされる。

*枯節、本枯節をみがき節ともいい、関東ではこれを鰹節と称する。

⑤鰹節の栄養素
鰹節の質が向上した理由は、カビ付けによる「鰹節カビの発酵作用」
によるものです。発酵とは、菌体内や細胞膜・細胞壁に存在する酵素
の作用により、栄養源を分解して取り込み、その代謝の過程で生産
された発酵物が、菌体外に排出されることを言います。

・体内で作れない「必須アミノ酸」9種類
・アミノ酸結合物質「鰹節ペプチド」;集中力を高め、リラックス効果
・「イノシン酸」;代謝を促進
・ミネラル「セレン」;強い抗酸化力でアンチエイジング効果

…ん~、こんなにも栄養が。
確かに先人のチエがつまった伝統食品。
和食になくてはならない食材だ。

さっそく、
削り節器をamazonで買って、毎夜の酒のおともにするっか。
と思い、家人に話したら
間髪いれず
「どうせ、3日ぼうず。やめとき」
と一喝。

大概いつもこの調子で、ほとんど却下されるご時世なのである


0507cc_convert_20180507074614.png
[ 2018/05/07 09:47 ] からだの身の上話 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する