self health check 1-1快「酔」度

_MG_0891_convert_20180407064454.jpg

昨日の天候をひきずり朝からくもり空。
しかも寒い、寒の戻りかな。
NYダウも大幅安、日本も週明けは大荒れ必至!


407_convert_20180407073344.png

■トランプ米大統領が5日夜に中国への制裁関税の上積み
検討を指示したのを受けて、米中の貿易摩擦が激化すると
の懸念が再燃した。中国への制裁関税を1000億ドル積み増す
ことを検討すると発表。
米中の貿易を巡る対立が深まるとの懸念がぶり返し、投資家が
リスク回避姿勢を強めた結果だが、表向きは当面しばきあいかな。

Collage_Fotorpp_convert_20180407080212.jpg

■快「酔」度について1-1

生まれて初めて「LAPHROAIG」を飲んだ!
『ん~香がクセになる( ´艸`)』

ザ・スモーキー・アイラ「ラフロイグ」は語りつづる、

You either love it or hate it.
好きになるか、嫌いになるかのどちらか。

真の王者だけが抱く、愛がある。

sec02_img01[1]_convert_20180407073449

アイラ島でつくられるモルトは、総じてスモーキーで海藻
や潮の香の特性を抱いているが、薬品を想わせるヨード様
の独特な香りに、味わいはオイリーで濃厚、やや塩っぽく
てドライな後味といった強烈な個性。

バニラのような甘さ、クリームのような滑らかさも潜み、
真の王者ならではの優しさ、懐の深さ、深遠な愛を飲み手
に感じさせる。

ウイスキー、とくにモルトウイスキーの香りや味わいの
特長のひとつにスモーキー(smoky/煙っぽい)、
ピーティー(peaty/ピート様)という表現がある。
日本語に当てはめるならば燻香、いぶしたような感覚。

これはモルトウイスキーの原料、大麦麦芽を乾燥させる際に
ピート(peat/泥炭、草炭)を焚いて、大麦の発芽を止める
ことに起因している。ラフロイグに使用するピートは、海藻
などの香りが強く、水分の多いものを使用しています。また、
仕込みの水に関しても、サンネーグ・バーン川の水を使用
することで、さらに独特の香りを加えている。

laphroaig_10years[1]_convert_20180407073420

イギリス王室御用達といわれるラフロイグ。モルト蒸溜所
の中でも初めてイギリス王室から認定を受けたお酒。
チャールズ皇太子も、ラフロイグを好んでいたと。

「ラフロイグ」「ボウモア」「アードモア」「カネマラ」。
このシングルモルトウイスキー4ブランドは
ピーテッド麦芽由来のスモーキーさで魅了する。

「心地よく、適量飲んでますか?」


407y_convert_20180407073317.png
[ 2018/04/07 08:44 ] からだの身の上話 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する