FC2ブログ






佐川宣寿氏 国会証人喚問が終わり

_MG_0629_convert_20180329065102.jpg

どうもこの先1週間も雨なし。
いつもどおり空一面かすみ晴れ。
PM2.5+黄砂ひのき花粉+強い紫外線はまだまだ続く。


■佐川宣寿氏 国会証人喚問が終わり
各紙1面に「証言拒否〇〇回連発」の見出しが躍る。
決裁文書改ざんの指示や経緯は、自らの刑事訴追の可能性を
理由に証言を拒否。一方で総理やその周辺、政治家、財務省
幹部らの指示は明確に否定した。
朝日は田原、青木理のコメントで鬱憤晴らし。

どうみても4時間やそこらでの質疑では真相など解明できる
はずはないのに、終わると「茶番劇だ」「これで幕引きするな」
「佐川氏はとかげの尻尾だ」「疑惑は深まった」
…とくりかえす野党、左派コメンテーターの面々。

昨日テレビを見てはっきりしたのは、佐川氏はキャリア官僚らしく
なく、シロクロはっきり答弁するという、肝のすわった男だという
ことだ。爪の垢を煎じて、前川に飲ませたい。

119_convert_20171126091152.jpg

佐川氏の経歴をみると(一部ウイキペディア参照)
福島県のいわき市生まれ。中学3年の時、父を亡くす。その後、
都内の中学に転校。九段高校に進学した際には、3人の兄が
学費を負担してくれたという。二浪後、東大文科二類に入学。
卒業後、大蔵省入省。

入省同期に片山さつき議員、福田財務次官、迫田元国税庁
長官らがいる。高橋洋一氏によると片山氏とともに強面で
部下に厳しかったらしい。

1984年、大阪国税局調査部。
1987年、名古屋国税局高山税務署長。
1998年、近畿財務局理財部長。←近財が慮ったのが分かる
2001年、塩川財務大臣秘書官。←財務大臣の気心も分かる
2004年、財務省主計局主計官。
2008年、主税局総務課長。
2010年、財務省大臣官房審議官(主税局担当)。

2011年7月1日、内閣官房内閣官房副長官補付内閣審議官、
東日本大震災復興対策本部事務局次長←福島出身だからか
2013年6月28日、大阪国税局長。
2015年7月7日、関税局長。
2016年6月17日、理財局長←迫田前理財局長からの引継なし
2017年7月5日、国税庁長官。

2018年3月9日、麻生太郎財務大臣により懲戒処分
(減給20%3ヶ月)同日依願退官←証言では職業は無職と答弁

辞任を申し出た理由は
(1)理財局長当時の国会対応が丁寧さを欠いており混乱を
もたらした

(2)行政文書の管理について指摘を受けた

(3)書き換え疑惑のある決裁文書について、担当局長であった
の三点。約66万円の減給となり、
退職金4,999万円から差し引かれることとなる。


■金正恩が習近平と会談したことが分かった。
5月に予定する米朝首脳会談を前に、核問題で冷え込んだ中朝
関係の修復を確認したとみられる。王岐山や楊潔篪らが同席した。
北朝鮮の最高指導者が訪中するのは7年ぶり

pc_price_img[1]_convert_20180329083906
[ 2018/03/28 09:50 ] みそ汁沢庵ニュース | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する