FC2ブログ






花粉の飛散

2342_convert_20180309130606.jpg

昨日は予報どおり、どしゃ降りの雨。
今日もうっとおしい曇り空なので、今朝のSky Photoは一時中断。
株価も、乱高下もよう。
国会同様落ち着きがありません。


2018/03/09 ウェザーニュースより
東日本や西日本ではスギ花粉の飛散が始まっているものの、
昨日は雨のおかげで花粉の飛散は少なめでした。
ただ、週末以降は花粉が飛びやすい条件が揃うため、
大量飛散に注意が必要


201803080155_top_img_A[1]_convert_20180309134436

201803080155_box_img1_A[1]_convert_20180309134516

<スギ花粉>
すでに花粉の飛散が本格化している関東は3月中旬まで、
東海や九州は3月下旬までがスギ花粉の飛散ピーク。
他のエリアでは、西・東日本の広範囲で3月中旬〜下旬、
東北では3月中旬〜4月中旬がスギ花粉の飛散ピーク。

<ヒノキ花粉>
3月下旬、ヒノキ花粉の飛散が増えていきます。九州は
3月下旬〜4月中旬、東海や関東では3月下旬~4月上旬、
中国や四国、近畿では4月上旬~中旬にヒノキの花粉
飛散量がピーク。


花粉はとても小さな物質です。スギ花粉を例に挙げると、直径は
およそ30マイクロメートル(1マイクロメートル =1mmの1000分の1)
しかありません。
花粉は上昇気流に乗って上空まで飛んで、少しずつ落ちてきます。
そのため空気中にはたくさんの花粉が舞っていることになります。
私たちは呼吸などによって知らず知らずのうちに多くの花粉を
体内に取り込んでいるのです。

こうして体内に入り込んだ花粉は、まず、鼻の粘膜にくっつきます。
実は花粉にはアレルギー反応を起こしやすい物質(タンパク質)
が含まれています。
また花粉の種類によってアレルギー反応を起こしやすい花粉(スギ)
起こしにくい花粉(ヒノキ )があります。

マスクマンしばらく続きます…

1545628887OlvhTPP2fYB1keX1545628682.gif

スウェーデン大使館 マグヌス ローバック大使の「つぶやき」…
「日本はなかなか変わらないと言う人がいますが、変わってきている
と思いますよ。
『海上自衛隊で初となる女性の艦隊司令が3月6日、誕生した』
東良子一等海佐、おめでとうございます!」

東良子一等海佐とは、1973年生れ、日本の海上自衛官。
防衛大学校女子第1期生(第40期)。
現在の階級は1等海佐。
1996年海上自衛隊に入隊。2013年練習艦「せとゆき」艦長に
就任し、大谷三穂と同時に海上自衛隊女性初の練習艦艦長。
2018年第1護衛隊司令に就任し、女性初の護衛隊司令となった。

第1護衛隊は、その隷下に我が国最大の”ヘリ空母”である
「いずも」を置くなど、極めて重要な役割を果たす艦隊。
2017年5月には、いずもは我が国初となる「米軍護衛」任務にも
就くなど、その司令のポストにあるものは艦隊指揮のみならず、
海上自衛隊を代表するポストとして「軍人外交」をこなしていく
ことにもなる。
40期組から最初の海将補が選抜されるのは2021年か?
このまま行けば、女性海将補の誕生かも。
[ 2018/03/09 14:31 ] みそ汁沢庵ニュース | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する