FC2ブログ






高齢者からの圧倒的な支持③

IMG_E6852_convert_20220430070531.jpg

早朝は今季一番の雲なし超快晴でサイコー
そして昨晩は なにかと衝撃的なことがあり
寝不足であります
さて 気をとりなおしてジム活BCBAにGOGO


▼天気予報
6時現在 気温 15 ℃ 湿度 83 % はれ
12時現在 気温 24 ℃ 湿度 49 % はれ
18時現在 気温 23 ℃ 湿度 48 % はれ

◆昨日のGoToジム/歩活 11783歩 6.9km  
歩行速度5.7km/h 歩幅76cm 

■昨日の経済指数     
日経平均 27943.95→停滞
NYダウ(ドル) 32915.78→停滞
上海総合 3241.76→停滞      
ドル(円) 132.81→円安 じりじり上昇
20年ぶり安値
ユーロ(円) 141.87→円安 じりじり上昇   
長期金利(%) 0.240→ 停滞 じりじり上昇
NY原油(ドル)  119.06→停滞 じりじり上昇
ビットコイン(円)  3928635→停滞

@日経より
・半導体投資 台湾全土沸騰 16兆円衝撃
・ロシアげ原油 中国インドが下支え 制裁実効ナシ
・40代家計 三重苦 教育/住宅/老後
@八重山日報より。
石垣ケーブルテレビの北部地区撤退に伴い加入世
帯が地上デジタル放送を視聴できなくなる問題で
市は地デジの新たな共同受信施設を伊原間地
区に整備する方針を固めた。加入世帯は同社
撤退後も個別の工事なしに地デジ視聴を継続
できる。


252ttrp_convert_20220605164614.jpg


◆高齢者からの圧倒的な支持③
PRESIDENT Onlineより
和田 秀樹/精神科医・国際医療福祉大教授

80を過ぎた高齢者は、老化に抗うのではなく
老いを受け入れて生きるほうが幸せではない
か、と私は考えています。

85歳を過ぎて亡くなった人のご遺体を解剖す
ると体のどこかにガンがあり脳にはアルツハイマー
型の病変が見られ血管には動脈硬化が確
認できます。ところがそれに気づかず亡くなる
人がまた多くいるのです。

つまり高齢者は「病気の芽」を複数抱え
ながら生きている、ということです。
病気の芽はいつ発症するかわかりません。
今日は健康でも明日は不健康になるかもしれ
ません。突然、死んでしまうことだってあり得
るわけです。

冷たく聞こえるかもしれませんがその事実を
受け入れたほうがいいと思います。
その上で明日死んでも後悔しない人生の時間
の過ごし方をするというのが私からの提案です。

明日死んでも後悔しない人生の時間の過ごし
方――。
それは我慢や無理をやめる、ということです。

IMG_E7557_convert_20220605164110.jpg

食べたいものを我慢している人は多いでしょう。
食べる量を減らす、塩辛いものや甘いものを
避ける、脂っこいものを控えるなどは、
よくあるケースです。

世間の常識では太っていると健康が損なわれ
塩分、糖分、脂質は三大害悪のように言われ
ているからです。
でも、本当にそうなのでしょうか?

「食べたい」と思うのは体が求めている、
とも考えられます。
高齢者は臓器の働きが落ちるため、こ
れが欲求を生んでいる可能性があるのです。

たとえば、塩分がそうです。
人間は塩がないと生きていけませんが、
高齢者の腎臓は塩分を排出し血中の塩分
不足を起こすことがあるのです。

腎臓にはナトリウムを貯留する働きがあり、
足りなければキープしようとします。
ところが老化するとキープする能力が落ち、
吐き出してしまう。この現象によって、塩分不足
になってしまうというわけです。
すると低ナトリウム血症(血液のナトリウム濃度
が不足した状態)が起こりやすくなります。
これを防ぐため、体が塩分を欲しがることが
あるわけです。

IMG_E7549_convert_20220605164356.jpg

食事の量もそうです。
少し太っている人のほうが長生きというデータ
は世界中にあります。つまり太り気味である
ほうが好調だと体のほうが知っていて脳を通
して食べたいという信号を伝えているとも考え
られるわけです。

たしかに60代くらいまでは塩分の摂り過ぎも
太り過ぎも健康を損なう原因になるかもしれ
ません。しかし80歳も目前の高齢者になった
のならその常識は一度忘れたほうがいいと
思います。

食べたいものを我慢してダイエットなど自ら寿命
を縮める行為です。
栄養不足は確実に老化を進めるからです。

もちろん無理に食べる必要はありませんが
「食べたい」と思うなら、
我慢せずに食べたらいいのです。

体の声を素直に聞く――。
80歳を過ぎた高齢者には、
これが一番の健康法です。
人間の体は、じつによくできています。
それを信じればいいのです。

ちなみに前述の低ナトリウム血症は意識障害
や痙攣けいれんなどを引き起こします。
ふだんは逆走や暴走をしない高齢ドライバーに
よる逆走事故や暴走事故などはもしかすると
低ナトリウム血症が原因で意識が飛んだので
はないか。あるいは血糖値や血圧を下げ過ぎ
て頭がぼーっとしたのかも……などと、
複数の原因が考えられるのです。

IMG_E7125_convert_20220513155307.jpg
[ 2022/06/08 05:55 ] からだの身の上話 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する