FC2ブログ






OODAループとは

IMG_E0487_convert_20210406074009.jpg


今朝も夜明けは明るい 春の陽気はつづく
さあ
いよいよ
松山英樹 日本人初の マスターズ制覇か
固唾をのんで TV生中継を見ている…


IMG_E9449_convert_20210119100106.jpg


@昨日のGo Toジム/歩活 12696歩 8.3 km
歩行速度 5.1km/h
歩幅 67cm
@歩活の心得
①歩幅は大きく、ゆったりと
→小股だと歩くスピードは早くなるが支持基底面が
 狭くなり転倒しやすい
②前脛骨筋、腓腹筋が鍛えられる
→足指を意識し かかとからつま先への体重移動
→時おり、肩甲骨をはがす(動かす)意識も
③血流,体温,代謝が向上する
④”千歩歩けば脳に千回の指令"を出している
⑤準備運動&ケアも入念に
足首をゆっくりぐるぐる回し甲の部位もマッサージ
(650種類もの筋肉の2/3=下半身に集中)
@呼吸活の心得
ヒトは1日に2万回以上している呼吸
→1日何度か深呼吸、吐く息はゆっくりゆったり
@腸活の心得
朝;起きて白湯→朝陽をあびて深呼吸
  ごはん(時にみそ汁)梅干し 納豆 卵焼き→
  挽き立てコーヒー →(りんご) 緑茶
昼;バナナ、おにぎり、(間食はアイスモナカ)
(夕方;入浴後淡麗Wビール&酎ハイ350)
夜;ごはん、おかず2~3品(目標は腹八分目)

▼天気予報
6時現在気温9℃湿度75%はれ
9時現在気16℃湿度51%はれ
12時現在気温20℃湿度36%はれ
15時現在気温20℃湿度35%はれ
18時現在気温17℃湿度49%はれ
PM2.5/黄砂 少ない ,スギ花粉 多い



0123pop_convert_20210411174756.png

▼尖閣周辺に中国船 58日連続 
/産経ニュース
尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある
接続水域で11日中国海警局の船3隻が航行して
いるのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣
周辺で中国当局船が確認されるのは58日連続。
第11管区海上保安本部によると1隻は機関砲の
ようなものを搭載。
領海に近づかないよう巡視船が警告した。

829nnnbv.png

…ノ👀ノ
2021年4月にはいっても 緊迫の異常事態は
さらに長期間にわたって緊迫状態がつづき
何度も何度も何度も繰り返す「領海侵入船」
つまりは「中国(公)船ことChina武装船」

これまで1隻4隻3隻2隻と目まぐるしく航行し
さらには執拗なまで操業中の日本漁船を追尾
するという異常事態💢

昨今の特徴は①5000トン級の船1隻に加えて
3000トン級の機関砲を積んだ武装船1~2隻の
大型武装船団で侵入してくるケースが増加
②複数のグループに分かれて周回
③日本の漁船をしつように追尾
④領海侵入時間が長い 最長記録更新
⑤海がしけても現場海域にとどまる
(5000トン級の大型船だからできること)
⑥前年以上に連続して航行する期間が増加

あえて船団を分けて日本を翻弄し続ける
💀 "中国海警局の武装船団"💀とは

"中国人民武装警察部隊海警総隊"の船だが
海上交通安全業務や海上捜索救助業務が任務外
であるなど諸外国の沿岸警備隊と異なる点を
持ち、中国共産党直下のもとにある。

いつまで どこまで居座るつもりなのか!
(# ゚Д゚怒髪衝天💢
常に「連装機関砲船」
(1月22日から海保や日本漁船に対して実弾を
射撃することを可能にした
と対峙している無防備の海保の皆さんの緊張感
はどれほどのものか!

1025sew_convert_20191030094120.png

Chinaの狙いは尖閣の「カエルの楽園」化
しかしながら
産経やNHK NEWS WEB以外のnetや新聞
マスゴミは一切無視、朝日も1回だけ最長更新の
記事あげただけであとは無視。地元の沖縄新聞も
時おりみかける程度(八重山日報だけが孤軍奮闘
の報道)。地上波TVもテレ東やTBSがたまにお茶濁
しで伝えるぐらいでまるでやる気なし。
モリカケサクラコロナのごとくやったらどやねん💢

尖閣諸島周辺を航行そして領土侵入が常態化は
中国が実効支配しているのだと内外にアピール
するため。これをわが国は許してはならない。
尖閣諸島周辺はわが国固有の領土だから、
日本が実効支配していることを証明すること!


4_convert_20200105065751.jpg


■OODAループとは、
Observe(観察)
Orient(状況判断、方向づけ)
Decide(意思決定)
Act(行動)の4つの行動の頭文字をとったもの。

もともとは航空戦に挑むピロットの為の戦術として
編み出されたといわれています。行動範囲が広域
にわたる航空戦では上司の命令を待って行動して
いては対応も遅れてしまい敵に攻撃されることで
命を落とすことにも繋がります。このような状況
下においてはパイロット1人1人が現場を見て自ら
判断行動する必要があったわけです。

変化の激しい戦場において誰かの指示を待つので
はなく現場の判断で動くことを目的として誕生。
意思決定のスピードを早めるのではなく現場レベル
で状況を臨機応変な行動で決定していくという。


ExywHS7VcAEI_hI_convert_20210401081607.jpg

PDCAが計画を立ててから行動するのに対し、
OODAループは状況をみてとりあえずやってみる
ところから始まる。例えば給食の献立はPDCA的
で母親の手料理はOODAループ的といえる。

AIやSNSの急速な発達などテクノロジーの変化や昨今
のウイルス感染症対応によるリモートワークなど社会情勢
の大きな変化がこれまでのPDCAでは通用しな
くなってきているのも事実。

OODAループは個人が自ら考え動くことを促します。
その結果、組織の統制が難しくなることはデメリット
になる可能性がある。組織をまとめるにはまず前
提として全員が同じ方向を向くようなビジョンやミッション
目的の共有が不可欠。そのうえで個人の判断を
尊重する必要があるといえる…


と、まあ理論的には
OODA>PDCAのように感じるものの個々の
能力に依存しすぎかなというデメリットもさらに
ある。結論は組織トップの判断によるかな。


IMG_E0262_convert_20210318175248.jpg
[ 2021/04/12 05:41 ] なにかと気になる | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する