FC2ブログ






今日はニュース満載、なかでも

032_convert_20180112102731.jpg

やっとこさ、今日歯が装填されました。でも治療は続くと (´;ω;`)ウゥゥ

さてと、今日はニュース満載、なかでも
■「尖閣接続水域に中国海軍のフリゲート艦と潜水艦」
(毎日新聞ですら1面トップに大きく報道)
日経より
防衛省は11日、中国海軍のフリゲート艦「ジャンカイⅡ級」1隻と潜航する
潜水艦1隻が沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入ったと発表。
潜水艦は、前日には宮古島の接続水域への進入も確認された。
外務省の杉山事務次官は中国の程駐日大使を呼び、国籍が特定できた
中国海軍艦艇の接続水域進入について抗議。
中国軍艦が尖閣諸島の接続水域に入ったのは2016年6月以来2度目で、
潜水艦は初。他国軍艦艇が接続水域内を航行することは、国際法上問題
ないが、中国が尖閣諸島を自国の領土と主張している。

…フリゲート艦は安全保障上の懸念があるとも報道している。
明らかに戦闘艦、軍艦である。AFP=時事の解説では
中国海軍のジャンカイII型フリゲートは全長134m、満載排水量3900tと、
中型艦艇に属すが、ヘリコプター1機を搭載し、汎用性が高いのが特長。
武装は76mm単装砲1基、YJ83対艦ミサイル4連装発射筒2基、HHQ16型
対空ミサイル、近接航空防御用の30mm多銃身機関砲2基、324mm3連装
短魚雷発射管2基を装備。3次元対空レーダーを装備するとともに、
船体もステルス性を意識したフォルムになっていると。

「機関砲のようなものが見られる」とか、いまだに中国に遠慮するNHK。
一体どの国の報道機関か。
Nスペとか特集を組んで、中国の不法行動を直ちに放映すべし。
『日中友好がなんとなく見えてきたと思われる今年こそ、尖閣が危ない』

■「安倍首相、12日からバルト3国になど欧州6カ国を歴訪」
IT先進国のエストニアとは、サイバー防衛の情報提供などで、次に訪れる
ラトビアは北に独自の経済制裁を実施、、圧力強化で連携強化を図る。
大国だけでなく従来の首脳外交で手薄だった中小国にも足を運ぶ。
菅官房長官は「長期政権の強みを生かし、日本外交のフロンティアを拡げる」

…素晴らしい外交。すべては中国覇権への牽制、次は中南米かな。

■「訪日客、最高の2800万人。昨年2割増 中韓けん引」
年間の消費額も4兆円を超えた。訪日客数の増加率は17年1~11月で
前年比、韓国=41%増、ベトナム=31%増、インドネシア=30%増、香港=23%増
中国=14%増で全体の約8割がアジアから。
アメリカ=11%増、欧州=5~7%増も、課題は消費額の高い欧米客の呼込み。

…ベトナム、インドネシアは親日が多いからうなずけるも、なぜに韓国が多い?
なぜに中国が少ない?大阪ミナミは韓中街だけど。
地方空港を活用するためにも、羽田・関空・成田をハブ空港として、大幅に
規制緩和すればいいと思うが。

080_convert_20180112125357.jpg

■「高原性ウイルス確認 香川の鳥インフル 9万羽殺処分」
香川県さぬき市の養鶏場で、高原性鳥インフルエンザを確認したと県は明らかに
した。これを受け、県職員が鶏約9万羽の殺処分を開始する方針。家畜で
病原性ウイルスが確認されたのは、四国では発生は初めて。

…あのカケ問題で、「四国に鳥インフルはない、獣医学部はいらない」とさんざんぱら
政府を攻撃した、玉木雄一郎のツイッターをご紹介します、

1/10「本日、香川県で鳥インフルエンザが疑われる事例が確認されました。
希望の党として情報連絡室を立ち上げ、速やかな情報収集、対応をするよう
指示しました。本日22時ごろに遺伝子検査の結果が出るので、陽性が確定した
時点で対策本部に格上げします」

「先ほどまで、地元秘書が香川県庁に詰めて情報収集にあたっていたが、
結局、鳥インフルエンザが疑われる事例について、3種類の検査方法で確認
したものの、検査結果が一致せず、現時点の検査結果をもって疑似患畜と
判定することはできなかったとのこと。明日、再度3種類の検査を行う方針」

1/12朝「陽性が確認された農場5万1千羽と、近隣にある関連農場約4万羽の
殺処分が始まっています。県職員、自衛隊の皆さんが夜を徹して取り組んで
くれています。
マスコミ各社に協力をお願いしたいのは、農場上空にヘリをどんどん飛ばす
ことは控えていただきたい。飛散するし、地域住民も騒音に悩まされている」

…いったい、どの口がいうてんねん。厚顔無恥、超特大ブーメランが刺さった玉木。
こんな国会議員が野党党首なので、本当に野党は信頼おけない。
これでももし、きたる国会審議でモリカケをやるようなら、鳥インフルに感染させよう。

■「ソニー 完全復活の試金石」
ソニーはロボット「aibo」を12年ぶりに発売。AIを積んだ新型は「プレイステーション」で
軌道に乗せた、『継続課金』のビジネスモデルの再現を狙う。

…aiboが復活できたのは平井社長のおかげ。ストリンガーではこうはならなかった。
それと、プレステで培ったリカーリングの課金モデルビジネスを導入していくこと。
it's a sonyの完全復活は間違いないでしょう。打倒アップル、グーグル。

549_convert_20180112125206.jpg
[ 2018/01/12 12:56 ] 国難あれこれ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する