風雲急を告げる①

Z4[1]_convert_20171018094141

ジムトレをやり続けて足かけ4年。週3回ペースで体幹強化に励む。
また、家の改修、カラオケ、元気玉撮影、ネットサーフィンの日々をも過ごす。


一方で、
この2~3年カラダのあちこちから悲鳴が聞こえる。
手指のヘバーデン結節、顎関節症、急性内斜視、白内障などなど。
さて「もう60年代半ばやもんなあ」と考えるか
はたまた「まだ60年代半ばやんか」と考えるのか…。


125_convert_20171014144721.jpg

時は「風雲急を告げる」

のは、他愛ない私事でなく、いうまでもなく日本国のこと。
勿論国防のこと。
9月15日午前7時前、北朝鮮からミサイルが発射され、テレビではNHKはじめ
民放各局から一斉に「Jアラート」が情報伝達された。
また生放送で放映し続けた。
これまで安倍政権打倒目的のために、今春から延々と不毛な『もりかけ問題』を
たれ流し続けた公共電波の責任は大きい。
少しは反省いるのかな?

なので特番放映にはビックリ。
これがテレビ報道の真骨頂ではないかと評価したい。
2012年以降、北の弾道ミサイルJアラート情報は4回目。
ようやく国民の目にしっかりと止まったのではないか?
そう願いたいが!
そして、隣国中国問題。
日常化している中国公船による尖閣諸島沖の領海侵入。
この事実はこれからもブログでご紹介していきますが、
今や「かえるの楽園」のシナリオどおり進行しているという
紛れもない事実。

狡猾なロシアを含めた、対【北・中・露】外交は今や有事前夜ではないか。
日本経済はもとより、今後の外交安全保障をウオッチしていきたい。
とはいえ、私事ネタがうるさく登場するときはご容赦を(笑)

政局の話を少し…
9月17日付け ブログ「青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road」より。
嵐の日本とアジアを一緒に考えましょう。
(第70回の独立講演会は10月15日です。すでに衆議院が解散していて
総選挙の投票日が迫る時期かも知れませんね)
という書き込みがありました。

つまりは、28日から始まる臨時国会中に衆議院解散があるかもということ。
同日のNHKニュースwebでも同観測記事あり。
sakuzaも同じ考えで、解散目的の大義は電波オークション導入、
非核三原則(持ち込ませず)改正、安倍外交の評価、消費増税凍結、
岩盤規制改革推進、アベノミクス継続、では。


1600_convert_20170929184620.jpg
[ 2017/09/17 10:07 ] 風雲急を告げる | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する