FC2ブログ






新コロ終息か&内閣総理大臣の談話

IMG_E7435_convert_20200911093251.jpg


深夜はひんやりするくらい 季節の変わり目を
感じます 特に秋雨前線が南下し 北からの
高気圧だから 早朝も涼しく NOクーラー!

食欲の秋 おいしいごはんを食べたい
そこで
①洗米時の注意点
強くまぜて、お米を割らないこと
割れ過ぎると 粘りが強く出過ぎるから
優しくやさしく ピッポッパ 2回程度でよし

②最後 お米を浸す水は冷水で
冷暖の差で お米にさらに甘みが増すから
秋から冬にかけて もっともごはんが美味しいの
は新米に加えて この冷暖差が決め手に
夏場は冷蔵庫に水を冷やしておくと良い

昨日の歩活 16135歩 10.7km

▼天気予報
6時現在気温21℃湿度77%はれ
9時現在気温24℃湿度64%はれ
12時現在気温26℃湿度53%はれ
15時現在気温27℃湿度50%はれ
18時現在気温26℃湿度53%はれ



Collage_Fotor1104zasw_convert_20191115081153.jpg


* 京都大学大学院特定教授上久保靖彦氏の予測
 /BLOGOSより

日本人はS型50%,K型55%,武漢G型80%,欧米G
型85%で集団免疫が成立しこのままいけば11月
にはほぼ100%の日本人が免疫を持ち
新型コロナは終息する


①すでに多くの日本人は免疫を獲得しているので
新型コロナを恐れる必要はない。重症化がおさえ
られたのはS型,K型が早期に流入し昨年末弱毒性
のコロナが蔓延していた。

②更に1月23日に武漢が封鎖されてからも3月8日
まで中国人の渡航を制限しなかったこと。政府の
対応が遅いと批判されましたが昨年11月から2月
下旬にかけて約184万人もの中国人観光客の入国
によってS型とK型が日本中に広がっていて日本
人は知らない間に集団免疫を獲得していた。

③日本人が集団免疫を獲得した後、武漢で強毒化
した武漢G型が流入し中国上海で発生の欧米G型
が世界に広がった。武漢G型欧米G型は日本にも
入ってきたが既に日本人はS型とK型で集団免疫
ができていた。G型は感染力が強いがS型とK型
コンビで防御しているうちG型の集団免疫も達成し
たと考えられます。

④そうして集団免疫を獲得できた事が日本の被害
が少なかった最大の要因。 欧米は2月初旬に中国
からの渡航を全面的に制限した為G型に対抗する
はずの弱毒のK型が充分に流入せず強毒のG型の
感染拡大を防げず被害が拡大した。


⑤時折感染して抗体値を上げ、下がったら又感染
するというサイクルを繰り返すことが重要です。
ワクチンを繰り返し打つ事で免疫が強くなる事と
同じです。“絶対にコロナにかからない”という
考え方では免疫機能は一向に働きません。

⑥すでに抗体を持っている人でも“喉にたまたま
ウイルスがいるケース”ではPCR検査をすれば陽性
になります。それが今急増中の無症状の人たちの
正体。ウイルスは検知されたけれど免疫を持っ
ているからほとんど症状が出ないということ。
その為感染者ではなく陽性者と表現した方が
正しい。

…ノ👀ノ
百田尚樹さんらはChinaからの観光客を止めなか
ったと安倍政権を厳しく糾弾していましたが果た
して真実は。
上久保論文の評価は2ケ月後明らかに!


Collage_Fotor20200613hjjjjaa_convert_20200614083149.jpg


*首相官邸HP 内閣総理大臣の談話
 令和2年9月11日

1.私が内閣総理大臣の任に就いて7年8ヶ月我が
国の安全保障政策に大きな進展がありました。
平和安全法制を成立させ日米同盟はより強固な
ものとなりました。我が国自身の防衛力向上と
日米同盟の強化、更には自由で開かれたインド
太平洋の考え方に基づき諸外国との協力関係を
構築することにより我が国周辺の環境をより平和
なものとすべく努力してまいりました。

2.我が国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増し
ています。特に北朝鮮は我が国を射程に収める
弾道ミサイルを数百発保有しています。核兵器の
小型化弾頭化も実現しておりこれらを弾道ミサイル
に搭載して我が国を攻撃する能力を既に保有し
ているとみられています。また昨年発射された
新型の短距離弾道ミサイルはミサイル防衛網を突破する
ことを企図していると指摘されておりこのよう
な高度化された技術がより射程の長いミサイルに
応用されることも懸念されています。

3.このような厳しい状況を踏まえ国民の命と平和
な暮らしを守り抜くために何をなすべきか。やる
べきことをしっかりやっていく必要があります。
まずイージスアショアの配備プロセスの停止については
その経緯を確認し既に公表したところです。
その上でその代替として取り得る方策については
検討を進めているところであり弾道ミサイル等の
脅威から我が国を防衛しうる迎撃能力を確保して
いくこととしています。

17_convert_20200105081419.jpg

4.しかしながら迎撃能力を向上させるだけで本当
に国民の命と平和な暮らしを守り抜く事が出来る
のか。そういった問題意識の下、抑止力を強化す
るためミサイル阻止に関する安全保障政策の新たな
方針を検討してまいりました。もとよりこの検討
は憲法範囲内において国際法を遵守しつつ行わ
れているものであり専守防衛の考え方については
いささかの変更もありません。また日米の基本的
な役割分担を変えることもありません。

助け合うことのできる同盟はその絆を強くする。
これによって抑止力を高め我が国への弾道ミサイル
等による攻撃の可能性を一層低下させていくこと
が必要ではないでしょうか。

5.これらについて与党ともしっかり協議させて頂
きながら今年末までにあるべき方策を示し我が
国を取り巻く厳しい安全保障環境に対応していく
ことといたします。

6.我が国政府の最も重大責務は我が国の平和
と安全を維持しその存立を全うするとともに国民の
生命身体財産そして領土領海領空を守り抜くこと
です。これは我が国が独立国家として第一義的に
果たすべき責任であり我が国の防衛力はこれを
最終的に担保するものであり平和国家である我が
国の揺るぎない意思と能力を明確に示すもの
です。

そして我が国の繁栄の不可欠の前提である我が
国の平和と安全が維持されるよう今後とも政府と
して取り組んでいかなければなりません。

Collage_Fotor406uhdyerw_convert_20190407104912.jpg

…ノ👀ノ
あえて経済の話は横において日本の国家国益の
ためには日本国民を護るためには「安全保障」
が最優先だと明確に示されましたね。
桂太郎同様3度目の総理返り咲きを期待して
おります。
ありがとう安倍さん、
体調を整えられ
また総理としてお会いしましょう安倍さん。

野党や左巻きマスゴミ・文化人も同じ思いです!


119_convert_20171009153332.jpg
[ 2020/09/14 08:50 ] よろずニュース | TB(-) | CM(0)