FC2ブログ






奇跡的生還

IMG_3512_convert_20181021095627.jpg

超快晴のなか、元気玉登場!
いやあ、今朝は冷え込んだ。今年一番!
10℃を割り込んでいる(≧∇≦)


1021kak_convert_20181021095222.png


1021alo_convert_20181021095303.png

Collage_Fotor1021aas_convert_20181021095410.jpg


■高橋洋一さんいわく「Z省のうそ」
増税必要なし!

IMF発表の日本政府のBSは
・資産の部=資産約1000兆円+
日銀の資産約450兆円
*日銀は国債を買っている、政府内の話なので。
ちなみに政府の日銀への出資比率は5割を超え
様々な監督権限もあるのでまぎれもなく
日銀は政府の子会社なのである。
・負債の部=国債などの借金約1450兆円


日本経済の諸悪の根源はZ。Zとは財務省。
借金1000兆円はウソである。借金が1000兆円も
あるので増税しないと財政破綻になるというマスコミ
が信じている財務省の言い分は正しくない。

借金1000兆円というが政府内にある資産を考慮
すれば500兆円。政府の関係会社も連結して
みると200兆円になる。これは先進国と比較して
もたいした数字ではない。しかも多くの資産は
金融資産なので換金できるのである。

金融資産とは政策投資銀行やUR都市機構などの
特殊法人独立行政法人に対する貸付金・出資金。
それらを民営化か廃止すれば回収できる。回収
しないのはそれらへ天下りができなくなるから。

財務省が借金1000兆円と言いだから消費増税が
必要と国民に迫るのは前提が間違っているので
暴力的な脅しでしかない。実質的に借金は
150~200兆円程度GDP比で30~40%程度。

ちなみに米・英で中央銀行と連結したネット国債
をGDP比でみるとで米は80%,65%、英は
80%,60%。これを見ると日本の財政問題が
大変で、すぐにでも破綻するという意見の滑稽
さがわかる。

以上がバランスシートというストックから見た
財政状況であるがフローから見ても日本の
財政状況はそれほど心配することはない。
小泉・第一安倍政権で増税はしなかったが
プライマリー収支がほぼ0となって財政再建
できた。これは増税を主張する財務省にとって
触れられたくない事実である。
実際マスコミは財務省の言いなりなのでこの
事実を指摘する人はまずいない。

…高橋洋一さん+虎の門ファミリーら少数派意見が
正論だと良識あるnet民はもう気づいています!
マジョリティを標榜する朝毎共同新聞と地上波TV
の凋落の日はもう目の前か(#
゚Д゚)

Collage_Fotor1021apo_convert_20181021095444.jpg


■奇跡的生還

先日の高校同窓会に参加したK君ががんの病から
奇跡的生還を果たし、今は元気で生活していると
いう話を聞かされた…

彼は高校時代ハンドボール部で活躍、小生とは同じ
グランドで汗を流した運動部員友である。3年前
膀胱がんと前立腺がんの病に侵されステージⅣ
つまりこのケースだと5年生存率44%の状態で
あったという。

それが、病院での手術と彼の身体にうまく適合
した薬によってなんとガンが縮小していったと。
今もまだ投薬は定期的に必要だが生活には
なんら不自由なく生活できる状態になっている
とのこと。
入院時より15kgも肥えたと苦笑い。

さらに会社に勤めていた時期には鬱病を発症した
こともあったらしく大変な荒波を超えてきた男。
さて、思い起こすと彼と極めて似通った男がいた
以前ブログで紹介した同級生のH君である。
3年前に脳梗塞を患い、後遺症で上下半身の片方
とことばが不自由になった男。

Collage_Fotor0901ww_convert_20181017103213.jpg

彼らの共通点は「底抜けに明るい」ということ。
50年前から全く変わっていない。
「げらげら笑いながらしゃべる」
「しゃべりながらげらげら笑う」
その屈託のない、まことに無邪気な語り口。
と、
病に遭遇して、多分知ったか知らされたか?
生かされた、生かされているという感謝からくる
と思われる「人との交わり・交わりたい」
という憧れと参画意識。

これらのことが、最後は身体を冒す悪玉病原体も
白旗をあげたのかな( ´艸`)( ´艸`)
頼もしい友人たちであります。

\(^o^)/(/・ω・)/(∩´∀`)∩


Collage_Fotor1021lhd_convert_20181021101700.jpg


1021kiu_convert_20181021095342.png



[ 2018/10/21 10:18 ] からだの身の上話 | TB(-) | CM(0)