FC2ブログ






同志社香里2連覇②と「のどトレ」

IMG_8547_convert_20180823080618.jpg

今日は「処暑」
夏の蒸し暑さが収まる頃という。昼間はまだ
暑い日が続きますが、朝晩は確実に涼しく
なってきます。また、草むらの虫たちも
鳴き始め、せみの声と交替時期ですね。

台風接近、天気予報は雨ですが、8時現在
晴れ。夜明け前も、暁のソラ。


Collage_Fotor0823sa_convert_20180823080923.jpg

0823ka_convert_20180823080509.png


■石原久佳ダンスク編集長レポートより抜粋

1)DCC2連覇 登美丘高の煇晴(ハレルヤ)
について

登美丘高校の作風を振り返ってみると、3年前
エアロビ、2年前おばちゃん、昨年バブリー
と常にパロディに乗せた中毒性のある振り付け
を笑いのフィルターで高出力するような作品
作りで一世を風靡してきた。

しかしそのベースとなっているのは
①高度な構成力とユニゾン力。
②それを可能にする練習量と部の統制力だ。

出ハケや移動を頻繁に使い、同時進行的あるい
は矢継ぎ早に複数のパートのハーモニーを作り
観客の目線を刺激的に散らす。

そしてクライマックスでは一糸乱れぬ速い
ユニゾン。その構成はこの日の半円ステージ
では非常に映えていた。

そして、今年の作品はわかりやすいパロディ
や笑いをほぼ排除し、スキルと構成力で勝負
する王道のダンス作品だ。衣装や世界観は
日本ではなかなか馴染みのないスタイリッシュ
な海外トレンドで、その意味で王者として非常
にチャレンジングなアプローチであることが
最大の評価ポイントと言えるだろう。


髴取サゑスス・。鬯ッ莨懶ス・逾撲nvert_20180123130710_convert_20180802083320_convert_20180823095427


2)日本高校ダンス部選手権 全国大会決勝
について
・同志社香里高校(優勝)
①スキル・グルーヴ:10
②表現力・世界感:10
③構成力・チームワーク:10
④衣装・センス・選曲:10
⑤エンタテイメント性:9
昨年の優勝校だけにステージに持ち込んだ
集中力がすでに別格。鋭角的な音に合わせ
得意のワックやソウルでドラマチックな展開を演出。
大人数が掛け算で倍増していくような迫力と
波動が圧巻。これをコーチなしの状況で自分
たちで振付しているのだからもう脱帽だ。

・久米田高校(準優勝)
①スキル・グルーヴ:9
②表現力・世界感:9
③構成力・チームワーク:10
④衣装・センス・選曲:8
⑤エンタテイメント性:8
悲願の初優勝を狙うクメダンス。スピード感、
構成力、ユノゾン力は文句のつけようがない。
見れば見るほど作品精度が上がっている。

・登美丘高校(優秀賞)
①スキル・グルーヴ:9
②表現力・世界感:8
③構成力・チームワーク:9
④衣装・センス・選曲:8
⑤エンタテイメント性:9
7連続出場、ダンス部界のスターは笑いやパロディ
を排除し色男をテーマに王道ダンス勝負に出た。
スピーディな移動やハケ、得意のパラレル展開や
ユノソンの強さは盤石の登美丘スタイルだが今年の
アプローチはどう出るか?

・堺西高校(優秀賞)
①スキル・グルーヴ:10
②表現力・世界感:10
③構成力・チームワーク:10
④衣装・センス・選曲:9
⑤エンタテイメント性:9
毎年入賞に入る実力校。冒頭から驚きの
音取り、圧巻なユニゾン。しかも振付を揃えている
だけでなく全員がきちんと踊っているところが
最高評価。     -以上

IMG_6551_convert_20180823095558.jpg


■日本高校ダンス部選手権 審査員得点基準

作品作りにおいての、音楽やその時代背景など
演技のコンセプトと乖離するようでは高得点は
望めません。これらの総合的評価が高い作品
であるほど、多くのさまざまな人々に感動を与え
ダンスのすばらしさを伝える作品だと考えます。

審査基準
①ビジュアル 10点 - 衣装・表情
②エンターテイメント10点 -
演出・振り付け・ショーマンシップ
・動きのメリハリ・見せ方
③テクニック 10点 - ダンス技術・全員の動き
・バランス・合わせが揃っているか
④音楽 10点 - 使用音源の選曲・構成
⑤スペシャリティー 10点 - 各審査員ごとの
全体的総合評価

審査員9名の評価は
同志社香里①78②81③86④81⑤81計407
久米田   ①78②83③81④78⑤78計398
登美丘   ①78②83③76④77⑤76計390
堺西     ①75②76③78④76⑤76計381
一条     ①71②77③76④81⑤74計379


…同志社香里と登美丘との差は
A)
・③テクニックに10点差もあったか?
・④音楽の4点差は?
・⑤何よりも作品へ審査員の嗜好が?

B)
まず、9人もいるのなら合計最高・最低得点
に2人を除外して平均出しているのかな?

C)
中高一貫でダンス一筋。初年度から圧倒的な
実力で、他の追随を許さない同志社香里。
その努力は大いに高く評価したその上で
なぜ他校は同志社香里を超えられない?
唯一、乗り越えられた登美丘は
笑いやパロディだけだったのか?

D)
昨年の登美丘フィーバーで、協会側が登美丘
=商業主義に走っていると烙印を押している
のではないかと勘繰りたくもなる。
つまりは、バックにいるのが文科省だから。


119_convert_20171009153332.jpg

■「食べる」ということは
 /長寿科学振興財団より

体を維持する、体を動かすために必要な栄養を
とるだけでなく「食べる楽しみ」それも重要な
意味があるのではないでしょうか

食べるメカニズムは食器を手にして食べ物を口
に運び、口唇で取り込みます。その時舌はスプーン
のように丸くなって食べ物を受け取ります。
歯で細かくされた食べ物は、舌で唾液と共に
混ぜ合わされて一つの塊にされます。その塊は
舌と上あごを使ってのどへと送り込まれます。

これからは自分の意思とは関係なく反射的に
飲み込みが始まります。喉仏が上にあがること
で喉頭蓋というふたを閉じ、また声門を閉鎖
することで、気道に食べ物が入らないように
鉄壁の防御をします。同時に常にしまっている
食道の入口がひらき食物が胃へと送り込まれる。
この間わずか600ミリ秒という短い時間。

年を重ねると舌を動かしたり、咀嚼したり飲み
込んだりする脳からの指令がうまく伝わらなく
なったり、飲み込む筋肉の力が弱くなる。

たくさんの食べ物を口に入れると飲み込みに
くくなり、のどに残った感じがして何度も飲み
込んで残った物をきれいにしようとします。
このため食事に時間がかかり疲れてしまいます。
そのため食事量が減って十分な栄養が取れなく
なります。

唇を閉じる力が弱くなり、食べ物が口から出て
しまい、よだれが出たりします。このことで
食べ物を口に取り込むことが困難になります。

surpriseweb_kics-1351[1]_convert_20180210132136

…要は「のどの筋肉」を鍛えることが、
「食べる楽しみ」にもつながるわけですね。
つまりは
のどは①呼吸②発声③飲み込みの役割を担う
重要な器官。しかし加齢で全身の筋肉が衰える
ように、のどの筋肉も衰えていきます。
例えば、飲み込む力がおちて「誤嚥性肺炎」
になる恐れがありますよね。

食物を飲み込む時のど仏が上に動き、喉頭蓋
が気管の入口をふさぎます。加齢により、
のど仏の位置は下に下がります。飲み込む時
のど仏の移動距離が増え、咽頭蓋が気管に
かぶさるタイミングが合わず誤嚥が起きる。


1803p060_01[1]_convert_20180823102715

そこで3つの「のどトレ」で飲み込み力を
UPしましょう! /毎日が発見ネットより

1)ゴックンチェック
口の中を水で湿らせ、水を飲み込みます。
次に30秒間で唾液を何回飲み込めるか。
・3回未満
飲み込み力が低下しています。
今すぐ「のどトレ」を始めましょう。
・3~7回
飲み込み力が落ちないように注意。
「のどトレ」を行いましょう。
・8回以上
飲み込み力は問題ありません。

2)発声のどトレ
あえいうえおあおを高低差差をつけ発声

あ(高音)え(高音)い(高音)う(低音)え(高音)
お(低音)あ(高音)お(低音)

同じように続けて、
か(高音)け(高音)き(高音)く(低音)け(高音)
こ(低音)か(高音)こ(低音)
続けて
さ せ し す せ そ さ そ
た て ち つ て と た と
な ね に ぬ ね の な の
は へ ひ ふ へ ほ は ほ
ま め み む め も ま も
や え い ゆ え よ や よ
ら れ り る れ ろ ら ろ
わ え い う え お わ お
*1日に行う回数:1~2回
*音の高低差に意識を向けて高い声は
のど仏をしっかり上げて低い声は下げる。

3)早口ことば
@ジャズ歌手・シャンソン歌手・フォーク歌手
@青巻紙・赤巻紙・黄巻紙
@生麦・生米・生卵
@東京特許許可局
*1日に行う回数:1~2回

720_convert_20180823095648.jpg

さらに、5つの「呼吸筋のどトレ」
*1日に行う回数 5~10回
1)だ液を増やす 舌だし体操
口を大きく開いて舌を前に思いっきり出す。
そして出した舌を口の中に引っ込めます。
この動きを2~3回くり返します。

次に舌先を前に出して大きく左右に動かす。
舌の奥にある筋肉も動いていることを確認
しながら、2~3回くり返します。

2)のどと口の筋肉を鍛える イィー体操
顔はまっすぐ正面を向き口は横に開けます。
イィーと声を出す感じで10秒間そのままの
状態に。声を出しながら行ってもok。

3)のど仏を上にもち上げる あご持上げ体操
両手の親指の腹をあごの下に当てます。
下を向いて力いっぱいあごを引き、親指で
あごを押し戻し5秒間そのままの状態で静止

いずれも*1日に行う回数 5~10回

4)肺に空気を行き渡らせる
  腕伸ばしストレッチ
足を肩幅に開き背すじを伸ばして立ちます。
手を頭の後に組みながら肺に空気を行き渡ら
せるよう鼻からゆっくり息を吸い込みます。

次に口からゆっくり息を吐き出しながら、
腕を真上に上げて全身を伸ばします。この時
息に意識を向けしっかり吐き切る。

5)胸の周りの筋肉を強化
  胸壁のストレッチ
足を肩幅に開き背すじを伸ばして立ちます。
手を腰の後ろで組み鼻から息を吸いながら
頭を少し前に傾し両肩を前に閉じる。

次に口から息をゆっくり吐き出しながら、
後ろに組んだ両手をもち上げ両肩を斜め後ろ
に引っ張り、この時息は吐ききる。

いずれも*1日に行う回数 3~5回


0823hb_convert_20180823080542.png



[ 2018/08/23 10:30 ] 高校ダンス | TB(-) | CM(0)