FC2ブログ






W杯コロンビア分析と新潟県知事選

_MG_1780_convert_20180611072032.jpg

くものなかから時折、にぶい太陽が顔を出す。
両主役がシンガポールに着いたみたい、いよいよ
明日米朝会談。マスコミの予想では、戦争終結宣言
をうたうのではと…。


0611tt_convert_20180611072139.png


■野党共闘敗れる /日経より
新潟県知事選は10日投開票されいずれも無所属
新人で、前海上保安庁次長の花角英世氏が、
元新潟県議の池田千賀子氏=立民、国民、
共産、自由、社民推薦を破り、初当選した。
花角氏は自民、公明両党の支援を受けたが、
柏崎刈羽原発電所再稼働の同意については
慎重に判断する姿勢を示している。


■青山ギィ~ンのブログより2018-06-10 23:19:06
一部抜粋
みんな、みなさん、魂からありがとう。
新潟、日本海沿岸の過疎の地、日本海沿岸の
すべての地、太平洋沿岸と内陸を含めた祖国
の全て、いずれもさぁ、これからだ!

▼ぼくは今日、伊勢に居たのです。神宮への
正式参拝のためです。新潟と日本の今とこれ
から、そしておのれの責任を考えつつ、新潟の
みなさんの投票ぶりを遠くから拝見し、分析も
致していました。
中略)
計6か所 魚沼市、小千谷市、五泉市、阿賀野市、
阿賀町そして新潟市)でささやかに応援演説を
行ったとき、真剣に、熱く聴き入ってくださった
新潟県民のみなさん、また遠い県外からも駆け
つけてくださって聴衆となりそれだけではなくて
新潟県内の知友に直接、話してくださったり、
SNSなどを活用して話し合ってくださったりの
みんな、深々と頭を下げて感謝
を申しあげ、そのひとりひとりのこころに
赤い薔薇の花を捧げます。

★この勝利を、人のために生き人のために死した
日本男児、福岡浩・新潟大学教授
(新潟大学災害・復興科学研究所長) の御魂
(みたま) に捧げます。
福岡先生は、メタンプルームの理論的支柱です。
亡くなられてもその地球物理学者としての見解
論考はまったく変わらずに生きています。
福岡先生の後継者と共に、連携は続きます。
それこそが新しい勝負どころです。

…2回も新潟入りした、青山ギィ~ンの行動力
はすごい。You Tnbeで応援演説見ましたが
鬼の形相のなかにも、新潟への思いやりを
よみとることができました。
そして、
青山さんが動けば、選挙に殆ど勝つ神話は
生きつづけていますね。
和田さん、杉田さんの実行力にも敬服。

次は沖縄戦!
「絶対に負けられない戦いがここにある」


Collage_Fotor0610re_convert_20180610104232.jpg


■コロンビア代表最新メンバー※18/6/4発表
▽GK1 ダビド・オスピナ(アーセナル)
12 カミーロ・バルガス(デポルティボ・カリ)
22 ホセ・フェルナンド・クアドラド(オンセ・カルダス)

▽DF
2 クリスティアン・サパタ(ミラン)
3 オスカル・ムリージョ(パチューカ)
4 サンティアゴ・アリアス(PSV)
13 ジェリー・ミナ(バルセロナ)
17 ホアン・モヒカ(ジローナ)
18 フランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ)
23 ダビンソン・サンチェス(トッテナム)

▽MF
5 ウィルマル・バリオス(ボカ・ジュニアーズ)
6 カルロス・サンチェス(エスパニョール)
8 アベル・アギラール(デポルティボ・カリ)
10 ハメス・ロドリゲス(バイエルン)
11 ファン・クアドラード(ユベントス)
15 マテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)
16 ジェフェルソン・レルマ(レバンテ)
20 フアン・フェルナンド・キンテロ(リバープレート)

▽FW
7 カルロス・バッカ(ビジャレアル)
9 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
14 ルイス・ムリエル(セビージャ)
19 ミゲル・ボルハ(パルメイラス)
21 ホセ・イスキエルド(ブライトン)

■監督
ホセ・ペケルマン(アルゼンチン)1949.9.3

news_214637_1[1]_convert_20180611073224
photo/ゲキサカ Getty Images

■コロンビア代表チーム紹介
ブラジル大会で史上初となるベスト8進出。
メンバーが約半数残るだけでなく、前回大会
欠場した主砲のFWファルカオが本大会メ
ンバーに名を連ねた。

ファルカオ、トップ下に配置される司令塔の
MFハメス右サイドに入るスピードスターの
MFクアドラードら、“個”で違いを生み出せる
タレントがそろう攻撃陣の破壊力は抜群。

12年から指揮を執るぺケルマン監督率いる
チームは試合状況、対戦相手に応じた柔軟な
戦いを見せ、細かなパスワークで相手守備を
攻略するだけでなく、前線のスピードを生かし
たカウンターを発動させるなど多彩なパターン
でゴールを脅かす。

親善試合では3月のフランス戦で2点差を
ひっくり返す逆転劇を演じる勝負強さを発揮し、
前回大会で対戦して4-1の快勝を収めた
日本との初戦で波に乗った。

0611kk_convert_20180611073645.png

注目選手)
10ハメス・ロドリゲス
バイエルン 11 MF 1991-07-12 180cm/75kg
左足のキック精度高く、フィールド上での創造
自在な動き

9ラダメル・ファルカオ
モナコ 9 FW 1986-02-10 177cm/72kg
this is striker. DFのマークを外すのが得意

11ファン・クアドラード
ユベントス 7 MF 1988-05-26 176cm/66kg
サイドアタッカー、スピード感あるドリブルは破壊力抜群

23ダビンソン、2サパタのCB2枚は
高さ、強さ、足元すべてに完成度高い

…あな、おそろしチーム。しかも、前回4-1と
ボコボコにされた。ペケルマンイズムが隅々まで浸透、
個々のスキル及び組織力の高いチーム。

では勝つにはどうするか。当然、点を取らない
とダメだが、まずは失点しないこと!
最悪でも引き分けに持ち込むこと!
その為には、「1に堅守2に堅守3に堅守」
が今日の結論。前回はやられたが、あと10分
での失点2が大問題で、それもバイタルエリアで
の本田の不用意なボールの取られかたで失点。

終了のホイッスルが鳴るまで、絶対に集中力を
切らさないこと。仮に本田・香川・岡崎を
使うなら45分のみ。そして、フォーメーションは
アンカー長谷部おいて5バックの5-4-1。
岡田スタイル再現のヤケクソシステムしかなかろう。
ハリルからドタバタの監督交代劇、
どうせ綱渡りだから。


0611wa_convert_20180611072110.png



[ 2018/06/11 07:50 ] サッカー | TB(-) | CM(0)