花園高校ラグビー観戦録 完

028_convert_20180109071819.jpg

高校サッカーは前橋育英、高校ラグビーは東海大仰星の優勝で
2018が始まった。そして、6月より「ロシアW杯」が待ち受ける。


・暦スク・橸セ具セ橸スー_convert_20171203135159

昨日の、高校ラグビー決勝戦をふりかえります…

19年ぶりの大阪決戦は仰星の勝利で、昨年の雪辱果たす。
20対27、あわや同点優勝かと思われたが最後、SO高本が
ノックオンで万事休す。

それぞれチームの持ち味を最大限だした、手に汗握る好試合でした。
あいにくの雨とグランドコンディションの悪さで、両チームともボールが手に
つかない(ノックオン13)なか、走り勝ったのが仰星だった。

試合の流れは桐蔭の多彩なキック攻撃が光った。左の高本、右の江良
と使い分け、徹底したハイパントキックを多用。
FWはスクラム、モールとも桐蔭が優勢にすすめ、キャプテン上山が統率。

仰星はFW戦より、むしろBK戦にもちこむ展開ラグビーがはまった。
ボールをまわす、動かすラグビーに徹底した。愚直に単純に試合を
すすめていった。勝敗のあや、決定力の差はBK陣及び「河瀬」に
尽きると思う。彼の父は大工大附属出身、昭和57年NO8で花園に
出場し優勝している…その試合を思いだすと、確かに父の突進力は
社会人なみにすごかった。そのDNAを引き継いでいてスター性が
試合ごと、どんどん引き出されていった。

ゴールキックをことごとく外し、本来ならヘコみ萎縮するはずが、この汚名
を晴らしてやるという強い意志も持ち合わせていた。その主役をカゲ
で支えていたのが長田キャプテン。BK陣のコミュニケーションをしっかりとり、
相手をギリギリまでひきつけてパスを出す、見極めて出すという基本の
パスワーキングが秀逸でした。

湯浅監督は、試合後「信じることの素晴らしさ、人と人がつながって
いること。生徒たちにありがとうといいたい」と涙ながらに話す
その姿には、ほんと感動を覚えた。

また、あと一歩であったが、一人一人が個性豊かでラグビーセンスが光る
桐蔭にも大拍手を送りたい。スマートクレバーで洗練されたラグビーチームを
作り上げた、綾部監督及びフランカー上山キャプテンにも大称賛を送りたい。
両校から、世界に通じるラガーマンが輩出されることを願って今年の
観戦録の筆をおきます。
今年もありがとう、すばらしい高校生ラガーマンに幸あれ!!!

余談1)sakuzaの予想は準優勝/大阪桐蔭が当たりました( ´艸`)


IMG_8955_convert_20180109075515.jpg

余談2)次の98回大会の台風の目は「御所実」。ただし、永遠のライバル天理
に県大会で勝つ前提の話だが、今大会経験の1、2年生が捲土重来を期す。
花園に忘れた「優勝」という忘れ物を取りに行く。

■御所実業ラグビーの特徴を集めてみると…
・ディフェンスはワンアウトからシャロー中心へ
・平日練習は公式戦に合わせ、1時間限定
歩く局面作らず、すべて走る。短期集中。
・危機管理の徹底。わざとアタック側に中央をラインプレーさせ
両タッチライン側からカバーに入る練習をする。
・リロード(倒されてから起き、再びタックルに入る)の速さは
日本一と自負。
・御所道場、御所一門。謙虚さとお蔭様でをモットーに。
・用意周到、ち密な試合前練習プログラム
・全国優勝6回を誇る天理高校「高速パスラグビー」に対しては
打倒天理として「日本一遅いモールを作ろう」と昨年、東福岡
を苦しめた。
・集団で固まれば、小さなミスが致命的にならず、時間稼ぎできる。
・モールのつくりかたのポイントは
味方への体のつかまり方と川の水の流れのように押し込む力。


104_convert_20180109075827.jpg
[ 2018/01/09 07:59 ] 高校ラグビー | TB(-) | CM(0)

花園高校ラグビー観戦録 その九

IMG_9025_convert_20180107145024.jpg

今年の冬が特に寒いのは、「ラニーニャ現象」が原因だと。
ここ数年、明らかに地球は寒冷化していると有識者は語り、
地球の温暖化現象はウソッパチだという話もいまや定説だとか。


IMG_8838_convert_20180102173212.jpg

■大阪桐蔭の特徴と強みの検証おさらい

大阪桐蔭ラグビー部HPより
部長/河津浩司 監督/綾部正史 コーチ/山本健太 
コンディショニングトレーナー/寺井健二
管理栄養士/馬淵恵 創部/昭和63年 練習環境/専用グラウンド
いつも挑戦者で、をモットーに。「日本一」をめざす。
「前進」「支援」「継続」「圧力」の4つの理念を実践するために
欠かせないのがチームワーク。大阪桐蔭ラグビー部は、技能よりも
チームワークを発揮できる人間づくりを重んじています。常に挑戦者の
姿勢を忘れずより高いレベルに挑戦するチームづくりに努めています。
「花園」出場11回、平成25年度全国選抜大会優勝・「花園」3位。

・ジャージの背中には「Whirl Wind 白い旋風」の文字が

・スタンドでの応援団の声援が最もコダマするのは
『 笑顔(^^♪笑顔(^^♪笑顔(^^♪桐蔭 』コール
特に、強豪相手に戦うとき、ハーフタイム終了後選手が集まってくる場面
監督も、選手の笑顔(^^を、まずチェック。

・基本に忠実
テンポのよさ、サポートの速さ、パスの判断、タックルの精度、状況判断
が素晴らしい。
モットーは手堅く、ミスなく、楽しく。
3ケ条は①タックル ②寄りの速さ ③ブレイクダウンの激しさ

・個人のスキルは全員素晴らしいが、奥井、上山、松山兄弟、高本は
超高校級。一発サインが多く、ハーフ団からのパス・キック攻撃が多彩で
ゲームプランニングの創造力は大会NO1.


■東海大仰星の特徴と強みの検証おさらい

東海大仰星ラグビー部HPより
全国高校ラグビー選手権大会 17回出場
(第79回・86回・93回・95回全国優勝)
(第91回・96回全国準優勝)
全国高校選抜ラグビー選手権大会 16回出場
(第7回・第16回全国優勝)(第14回全国準優勝)
全国高校7人制ラグビー大会 3回出場
(第2回全国優勝)
全国大会で優勝することと人間としての成長を目標とし、日々全力で
頑張っています。自ら考え、行動して勝利を追及することで、ラグビー
の奥深さを知り、いかに精神力が大切かを実感しています。
活動場所【活動日】 : 本校サッカーラグビー場 【毎日 放課後3時間】

・仰星のスローガンは「オールアウトやりきる」を体現すること。
テーマは「相手より素早く立つ」「判断する」「決断する」。
何より伝統力が力の源泉。

・スタンドでの応援団の声援では
『 刺され 刺され 刺され仰星 』『鬼の 鬼の 鬼のタックル』コール

・基本に忠実であり、戦術理解のクレバーさ
テンポのよさ、サポートの速さ、パスの判断、タックルの精度、状況判断
は大阪桐蔭と互角になった。花園で一番成長したチーム。
監督の見立ては、花園では、特に2年生が躍動感出せるかが
カギ。また、ボールの奪い返しに集中できるかが勝敗の分かれ目と。

・個人のスキルは全員素晴らしいが、長田、河瀬、谷口は超高校級。
FW、BKの組織力は大会NO.1で東と双璧。
[ 2018/01/07 13:52 ] 高校ラグビー | TB(-) | CM(0)

花園高校ラグビーテレビ観戦録 その八

IMG_5704_convert_20180106111118.jpg
今、日の出は7時ごろ、日の入は17時頃。
1年のなかで、太陽の高度が32.3と最も低い。
そして、元旦から一層寒さが増し、朝は氷点下で息が白い。


IMG_9141_convert_20180103191241_convert_20180106112206.jpg

さてさて、昨日小雨のなかでの試合結果は
東海大仰星21対東福岡14で、仰星の勝ち(予想外れる)
大阪桐蔭12対桐蔭学園7で、大阪桐蔭の勝ち(予想どおり)
で8日の決勝戦は大阪勢対決となった。

東はハンドリングが前の試合に続いて悪かった。昨年の優勝メンバーが
多く残っていたにもかかわらず、コミュニケーション力が弱かった。そして、
隠塚+丸山の超高校生ハーフ団がまるで機能していなかった。
前半の修正ができないまま、後半先に仰星にトライされ21対0に。
これで、完全に受け身にまわってしまった。
選手を前半から入れ替えたり、キックを多用したり、ラスト5分のビハインド
想定練習を何度も何度も、繰り返し練習してきたはずだが
仰星の試合運びのうまさ、ゲーム構成力に負けてしまったのである。

一方、仰星は、東が戦った試合をmbsのビデオではなく、部員自身が
ビデオを撮っていたので、選手からみた分析で、各選手が共有していた
と思われる。
なので、監督采配と選手によるゲーム展開の理解がひとつになっていた
のではないか。また、何より、勝ちへのこだわりに鬼気迫るものがあり、
東を気持ちで凌駕していた。

各紙のコメントを拾うと、
仰星のスローガンは「オールアウトやりきる」を体現すること。
テーマは「相手より素早く立つ」「判断する」「決断する」。
試合想定ミーティングは5時間半に及び終了は午前0時。〇点リード、残り
●分、右スクラムー地べたに座り、想定しつくした準備が15人を支えた。
近場で突破を図る東の巨漢ロックには1人が膝に、1人は上半身に絡み
ついて倒す。やりきれの号令に合わせて、王者の膝元へ体をぶつけた。
Bシードの自軍はAシードの東に比べて、「勘所をかぎ分ける嗅覚」が
上回っていないので、粘着質の守りを徹底した。

IMG_9114_convert_20180106132710.jpg

2試合めも白熱した、高校生らしい清々しい試合内容でした。
両校とも交代選手が少ないなか、さすが優勝を争う選手たちは最後まで
体力が落ちることなく、全力でぶつかりあっていた。
仰星同様、大阪桐蔭も、正確なタックルでさらに粘りのネバネバディフェンスが
少し上回ったのと、しつこく愚直に攻める桐蔭学園FWに対して、バランスよく
守りきったこと。選手では両フランカー1年生奥井、キャプテン上山、WTB松山
の大活躍が目をひいた。

各紙のコメントを拾うと、
積み重ねてきたのが防御。よく粘ってくれたと監督コメント。
奥井は「1人が低いタックル、2人目がボールに絡む、3人目がサポートする。
常に3人で行くことを徹底しました」
上山は「二枚、三枚と人数をかけ組織で守ることができた。花園で一戦
ごとの成長していることを感じる」


ところで今日はテレビ観戦でいそがし、
・Nスペ 腎臓が寿命を決める
・高校サッカーのBest4戦 流経柏vs矢板中央、上田西vs前橋育英
・ラグビー日本選手権のBest4戦 トヨタvsパナソニック、サントリーvsヤマハ
[ 2018/01/06 13:31 ] 高校ラグビー | TB(-) | CM(0)

花園高校ラグビー観戦録 その七

花園から帰りました。
ずばり、Best8の勝負がすべてsakuzaの予想どおりに。
うひゃあ~( ´艸`)
そしてあろうことか、
結果、Best4の抽選組み合わせが、なんとなんと、

IMG_9141_convert_20180103191241.jpg

ということで、ジャジャジャジャーン
sakuzaが予想していたとおり「東と大阪桐蔭」の対戦の
可能性がでてきました!!!

1月2日sakuzaのズバリ予想がは
「優勝は東福岡、準優勝は大阪桐蔭」とUPしていましたね。

さてさて、予想は現実のものとなるのか?
再び検証します。

第一試合 東海大仰星vs東福岡
仰星は試合を重ねるごとにレベルを上げてきて、現在Aシードの力以上
にレベルUPしている。そして、大会ポイントゲッター河瀬のアタックがキレキレ
(しかしゴールキックはダメ、蹴り方にバラツキがあり安定感がない)
また、1年生谷口が期待どおりの活躍(監督は考えるラグビーを重視
し、その申し子)、そして、帰ってきた檜垣がこの試合で即戦力に。
強いチームは層が厚い。
準決はディフェンスの勝負のハイレベルな試合になるでしょう。
ロースコアの、接戦を制するのは東と予想。

第二試合 桐蔭学園vs大阪桐蔭
Toin対決。
桐蔭学園は相手ゴール前ディフェンスをこじあけるFWのパワーは力強い。
そしてクレバー。そしてハーフ団がゲームコントロールする総合力はズバ抜けて
いる。一方、大阪桐蔭もFWBK一体のテンポ良さリズムの良さは高校生
ばなれ。第一試合と違って、しばいきあい、点の取り合いのゲーム展開
ななり、最後は大阪桐蔭の劇的トライで決勝進出と予想。


IMG_9118_convert_20180103202915.jpg
IMG_9126_convert_20180103202836.jpg
IMG_9133_convert_20180103202748.jpg
IMG_9138_convert_20180103202625.jpg
[ 2018/01/03 20:34 ] 高校ラグビー | TB(-) | CM(0)

花園高校ラグビー観戦録 その六

IMG_8838_convert_20180102173212.jpg
IMG_9110_convert_20180101211053.jpg
bro_convert_20180102173113.png

さあ今日はBest8。このブログを朝8時にアップしました。

千円の入場料で、大会期間中で最も価値あるゲームが見れるBest8。
sakuzaの予想は、

第一試合 桐蔭学園vs京都成章
Aシードどおし大会屈指の好カード対決。リズムにのれないAシードプレッシャー
呪縛成章に対し、余裕の東日本王者桐蔭が勝つ。

第二試合 日本航空石川vs東福岡
意外に接戦になるかも。応援団はラグビーでは珍しく制服生徒が中心
石川県初シードとしてのプレーシャーなく伸び伸びと花園を楽しんでいる。
しかし、最後は経験の差がでて東の勝ち。

第三試合 東海大仰星vs報徳学園
これも屈指の好カード、どちらもシード校になれなかった意地の対決。
ノリノリ報徳と去年、一昨年よりも弱いチームも伝統の力のある仰星か。
仰星は決勝をみすえ、今大会の東の試合をすべて独自録画。
花園実績から仰星が勝つ。

第四試合 大阪桐蔭vs國學院久我山
今年の大阪府勢ではNO1のチーム。危なげなく大阪桐蔭の勝ち。

IMG_8743_convert_20180102193208.jpg

Aシード京都成章提出メンバー(番号はポジション・〇は年生)
監督;湯浅泰正(53)
1 成宮銀次郎③昨年サブ
2 相根大和③初出場
3 藤田康助☆③昨年サブ
4 小菅由一郎③昨年サブ
5 山本秀☆③昨年サブ
6 中谷玲弥☆③初出場 これぞ鬼のタックラー
7 平井宏輝③昨年先発
8 園田亜弥斗③初出場
9 片岡裕二②昨年先発 東のハーフ団と双璧
10押川敦治☆③昨年の15から先発転向 スター性
11笹岡海斗③昨年先発
12西川虎哲☆③昨年先発
13塩谷大紀③昨年サブ
14堀田礼恩③初出場
15二村莞司②初出場
*昨年先発メンバーは1,2年生6人、今年は3人。
*高校日本代表候補☆6人

Aシード桐蔭学園提出メンバー(番号はポジション・〇は年生)
監督;藤原秀之(49)
1 山本耕生☆③昨年出場
2 原田衛☆③昨年出場
3 細木康太郎☆③初出場゙
4 森田雅之③初出場
5 小沢翔③初出場
6 小島静也☆③昨年サブ
7 原朋輝③初出場
8 高田風吾☆③初出場
9 小西泰聖☆②昨年サブ 東のハーフ団と双璧
10田村魁世☆③昨年出場
11佐々木隼③初出場
12竹下日向③初出場
13伊藤大祐①
14中村大地③初出場
15黒木陽斗☆③昨年出場
*昨年先発メンバーは1,2年生4人、今年は3人。
*高校日本代表候補☆8人


mbsデータより
桐蔭学園 藤原秀之49才 94人(3年/35人,2/34,1/25)
総合力;アタックではどこのエリアからでもボールを継続し、ディフェンスでは
ターンオーバーして、どこからでもスコアできるチームにしたい。
FW;全国トップチームより小さいFWであるが、ボールスキルの高い選手が
多く、セットプレーを安定させて縦横無尽にボールを動かしたい。
ブレイクダウンで圧力をかけていきたい。
BK;スペースを作って、そのスペースに走り込みゲインラインを突破し裏に
抜けたら繋いでトライを取りたい。小西・田村のHB団のゲームコントロール
が鍵となる。
今大会の目標;全国優勝

京都成章  湯浅泰正53才 101人(3年/31人,2/38,1/32)
総合力;キャプテン押川、全体とBKを中心にまとめる。バイスキャプテン
隈元はFWをまとめ全体的にもまとまったチームである。BK、FWとも
に得点をとることができる。
FW;しっかりとスクラムを組むフロントローと攻守ともに安定感のある
フィールドプレーができるロック、分厚いサポートを支える走り回りのいい
バックローがそろう。
BK;攻守にわたり安定感のあるSO押川とCTB西川を軸とし、
突破力、ディフェンス力に安定のある両センター、俊足の後方・両翼から
トライを狙うバック3がそろう。
れば理想の攻撃ができる。
今大会の目標;優勝

日本航空石川  小林学48才 53人(3年/24人,2/14,1/15)
総合力;中盤からはFW/BKが一体となり、縦裏を使いながら
積極的にボールを動かして突破を図る。防御面では伝統的にシャロー
ディフェンスを得意とし、あいての得意なカタチに持ち込ませず勝負する。
FW;sh賞のHO田中、FWリーダーのLO篠田を中心に今期はセットプレー
が安定しており、アシペリNO8、LOアサエリオといった突破力のある
留学生を自由に使えることが強みになっている。
BK;SH都世子、SO河井のHBがテンポよくパスをさばき、スピード
あるWTB,FBにチャンスボールを供給する。サイズは小さいが粟津、杉山
の両CTBはタックルが強く、安定した防御網を築いている。
今大会の目標;ベスト4

東福岡  藤田雄一郎53才 136人(3年/51人,2/45,1/40)
総合力;強靭なコンタクト力をベースにグランドいっぱいにボールを動かす
ダイナミックなラグビーが魅力。去年からさらに磨き上げたスピードと
県予選被トライ数1の鉄壁の守備。昨年度の優勝経験者も多く残る
など充実した陣容である。
FW;主将の福井翔大を筆頭に、U18日本代表のPR小林、両LO
清原・木下、FL木原音などフィジカル、スピード、パワーを兼ね備えた
選手がそろっており、HO牛嶋を中心としたラインアウトも精度高い。
BK;U18日本代表のFB稲吉、隠塚・丸山のハーフ団を中心にどの
エリアからでもトライまで持っていける攻撃力が魅力。しなるように
スピードアップするラインアタックは必見。
今大会の目標;未記入

IMG_8734_convert_20180102193258.jpg

東海大仰星 湯浅大智36才 96人(3年/33人,2/27,1/36)
総合力;FW.BK一体となったスピード感ある攻撃が得意である。
また、しつこい激しいディフェンスも持ち味である。
FW;副キャプテン魚谷を筆頭に、激しいタックルにいく選手が多く、
豊富な運動量でしつこく動き続ける。縦・横への継続能力が高く、
ポイントへの集散も早い。
BK;パスワークに優れ、縦・横・ワイドと攻撃陣の広い、また多彩な
攻めができるBKである。
今大会の目標;優勝

報徳学園 西條裕朗54才 82人(3年/26人,2/24,1/32)
総合力;セットプレーで圧力をかけ、接点でも圧力をかける。ディフェンス
からの切り返しで大きくボールを動かしたい。強力なセンターを攻守の
要として、グラウンドを広く使いたい。
FW;高橋、田村、大賀の大きな第一列と兼森、福西の接点での
圧力、栗原、橋本、宮下の機動力と連携で安定してきた。
BK;丸尾・森元でゲームをコントロールし、強力なセンター陣が攻守の要
となる。第三列の決定力は非常に魅力だ。
今大会の目標;ベスト4

國學院久我山 土屋健太郎56才 98人(3年/31人,2/33,1/34)
総合力;突出したプレーヤーがいるわけではないので、コミュニケーション
をしっかりとり、接点の攻防に負けずグラウンドを大きく使って
ボールを動かしたい。
FW;全員で連動して、リーダーを中心に運動量で相手にプレーシャー
をかけたい。
BK;両CTBの縦と外側のスピードをバランスよく使って、早くスペース
にボールを動かしたい。
今大会の目標;一戦必勝

大阪桐蔭 綾部正史42才 69人(3年/24人,2/20,1/25)
総合力;15人がグラウンドを大きく使い、ボールを動かし継続する
FW;LO鈴川・FL上山・NO8中野を中心に安定したセットプレーが武器。
ブレイクダウンで圧力をかけていきたい。
BK;SH松山、SO高木が攻撃のリズムをつくる。バックスリーが動き回れ
れば理想の攻撃ができる。
今大会の目標;優勝

以上、ではこれから花園に向かいます
[ 2018/01/03 08:02 ] 高校ラグビー | TB(-) | CM(0)