ある仮説

今日の空はうっとおしいので過去PICの朝陽元気玉を登場させます。
IMG_5366_convert_20171125193721.jpg

ちょっと気になることをつらつらと…

@歴史は繰り返す。歴史は未来への羅針盤とよくいわれます。

たとえば某評論家は大変動は25年ごとに生じていると述べています。
1914年第一次世界大戦→1939年第二次世界大戦→1964年日本が国際舞台
に東京オリンピック開催・ベトナム戦争→1989年天皇崩御・天安門事件・東西冷戦終結
→2014年ロシアがクリミアを併合・ISに米軍が空爆。
確かに大事件の年度だったというのは分かる。
ただ、それだけでは歴史事実の確認だけで終わってしまう。

そこでsakuzaはある仮説をたてました。
①時系列的に予測しうる何かは法則的につながってはいないか。
②他にある事件出来事がきっかけで、大事件へと計画的につながっているのでは
ないか。
年表をながめながら、歴史の大転換点に「タイムラインの法則性はあるのか」
検証したい。、
ひとつの例として、1894年日清戦争から始まり
→10年後の日露戦争、→10年後の第一次世界大戦。
その7年後1921年の四か国条約から始まり
→10年後の満州事変、→10年後の日本軍南部仏印進駐へ。
が「大東亜戦争へとつながったタイムライン」のひとつではないか…とか。


sumo_b27[1]_convert_20170702142858

@テレビは普段見ないが大相撲だけは別物。小学校時代から今日までよく見ていた。
こどもの頃、ワクワクドキドキして見たのが相撲とプロレスで、なぜプロレスは国技ではなく、
またNHKで放映されないのか。当時は不思議に思っていた(笑)

それはともかく
栃若・柏鵬・北玉・輪湖・千代の富士各時代の昭和期には本当に個性ある力士が
多かったと思います。とりわけ、明歩谷・若浪のうっちゃり。吊り落としの陸奥嵐。
けたぐりの海乃山など。野球でいえば大洋ホエールズの近藤和、阪神タイガースの鎌田、
大毎オリオンズ榎本といったところか。
今場所は日馬富士が優勝旗に近づいたかな。豪栄道よ去年を思い出せ。

@日経から3つの興味ある広告が
・「小さな習慣」ダイヤモンド社  何事も続かないのは脳の抵抗のせいだった!
人は自分を過大評価する。だから目標は失敗しようがないほど小さいほうがいい。
小さな習慣とは毎日これだけはやると決めて必ず実行する。本当にちょっとした
ポジティブな行動。

・「せつない動物図鑑」  みんな一生懸命生きている。ゆるすぎる動物図鑑が
ついに日本上陸。オンチなクジラは迷子に、ハトはめんどうくさいことを先延ばしする。

・「東芝の悲劇」幻冬舎  東芝の元幹部は歴代トップを模倣の西室・無能の岡村
野望の西田・無謀の佐々木と評す。名誉欲、嫉妬、保身、責任逃れ。
社員20万人を擁する名門企業のかくも無残なトップたち。


Z3_convert_20170926165046.png
[ 2017/09/23 14:50 ] ある仮説 | TB(-) | CM(0)